DOA FROM AL QUR’AN (JAPANESE)

1
الدعاء في القرآن
بسم الله الرحمن الرحيم
يتقرب المسلم إلى ربه بالعبادات وفعل الخيرات. يدعو المسلم ربه مباشرة وربه أقرب
له من حبل الوريد, يدعوه في الليل والنهار وفي الرخاء والشدة ويسأل الله سبحانه وتعالى أن
يعطيه الخير كله في الدنيا والأخرة, يدعو لنفسه وللمسلمين وللعالم كافة, يدعوه بمختلف
اللغات. إن خير ما يدعى به المسلم هو الدعاء الذي ورد في القرآن الكريم وما روي عن النبي
محمد صلى الله عليه وسلم, ولا بأس في أن نجتهد فندعو بما نحب من كلام من عند أنفسنا.
ولقد كان المرحوم الحاج عمر ميتا مترجم معاني القرآن الكريم لليابانية يحدثني كثيرأ
عن إختيار آيات الدعاء من القرآن الكريم ونشرها مستقلة وظلت الفكرة تراودني كثيرأ, ووقع
في يدي من سنوات الأدعية المختارة من القرآن الكريم التي جمعها الباحث المعروف الدكتور
محمود البابلي وحرصت على أن أستفيد منها في تحقيق رغبة المرحوم الحاج عمر ميتا. ولقد
وفق الله المركز الإسلامي في اليابان لتحقيق هذه الأمنية واستفاد من ترجمة عمر ميتا لمعاني
القرآن في إصدارها. وسنعقب ذلك إن شاء الله بإصدار عن الأدعية المأثورة بأسانيدها عن
النبي صلى الله عليه وسلم, داعين الله سبحانه وتعالى أن ينفع بها المسلمين اليابانيين وغير
اليابانيين, إنه سميع مجيب.
د. صالح مهدي السامرائي
رئيس المركز الإسلامي في اليابان
2002 / 12 / طوكيو 26
2
• وَإَِذا سَأََلكَ عِبَادِي عَنِّي َفإِنِّي قَرِي  ب أُجِي  ب دَعوََة الدا ِ ع إَِذا دَعَا ِ ن َفْليَ  سَت ِ جيبوْا لِي وَْليؤْمُِنوْا
( ِبي َلعَلَّ  ه  م يَر ُ شدونَ (البقرة 186
( • ا  د  عوْا رَب ُ ك  م َتضَ  ر  عا وَ ُ خفْيَ ً ة إِنَّ  ه َ لا يحِب اْل  م  عَتدِينَ ( الأعراف 55
( • وَأَ  د  عو رَبي عَسَى أَلَّا أَ ُ كونَ ِبدعَاء رَبي َ شقِيا ( مريم 48
( • وََقالَ رَب ُ كم ا  د  عونِي أَ  سَت ِ ج  ب َل ُ ك  م (غافر 60
( •  هوَ الْحَ  ي َلا إَِلهَ إِلَّا  هوَ فَادعوه  مخْلِصِينَ لَ  ه الدينَ اْلحَ  مد لِلَّهِ رَ  ب اْلعَاَلمِينَ (غافر 65
( • أَ  من يجِي  ب اْل  م  ض َ ط  ر إَِذا دَعَاه وَيَكْشِ ُ ف ال  سوءَ (النمل 62
( • إِ  ن رَبي لَسَمِي  ع الدعَاء (إبراهيم 39
3
• われのしもべたちが、われに就いてあなたに問う時、(言え)われは本当に
(しもべたちの)近くにいる。かれがわれに祈る時はその嘆願の祈りに答え
る。それでわれ(の呼びかけ)に答えさせ、われを信仰させなさい、恐らく
かれらは正しく導かれるであろう。(雌牛章186 節)
• 謙虚にまた目立たない隠れたところで、あなたがたの主に祈れ。かれは教え
に背く者を御好みになられない。(高壁章55 節)
• わたしはあなたがたから離れ、またアッラー以外にあなたがたが祈るものか
ら離れて、わたしの主に祈ります。わたしの主に御祈りすれば、恐らく(主
の)御恵みのないめにあわないでしょう。(マルヤム章48節)
• それであなたがたの主は、仰せられる。「われに祈れ。われはあなたがたに
答えるであろう。だがわれに仕えるのに高慢な者たちは、必ず面目潰れの中
に地獄に陥るであろう。」(ガーフィル章60 節)
• かれは永生であられ、かれの外に神はない。だからかれに祈り、信心の誠を
尽してかれに傾倒せよ。万有の主アッラーに讃えあれ。(ガーフィル章65
節)
• 苦難の際に祈る時、誰がそれに答えて災難を除き、あなたがたを地上の後継
者とするのか。アッラーと共に(それが出来る外の)神があろうか。だがあ
なたがたは、少しも留意することがない。(蟻章62節)
• 老年なのに、わたしにイスマーイールとイスハークを授けられた方、アッラ
ーを讃えます。本当にわたしの主は、祈りを御聞き届け下さる方です。(イ
ブラーヒーム章39節)
4
(1) 開端章(アル・ファーティハ) ( فاتحة الكتاب ( 1
1. 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御
名において
1. ِبسِم اللهِ الْ  رحمَ ِ ن الْ  رحِيِم
2. 万有の主、アッラーにこそ凡ての称
讃あれ
2. اْلحَ  مد لّلهِ رَ  ب اْلعَاَلمِينَ
3. 慈悲あまねく慈愛深き御方 3. ال  رحم ِ ن ال  رحِيِم
4. 最後の審きの日の主宰者に。 4. مَالِكِ يَوِم الدي ِ ن
5. 最後の審きの日の主宰者に。 5. إِياكَ نَعبد وإِياكَ َن  سَتعِي  ن
6.わたしたちを正しい道に導きたまえ。6. اهدَِنا ال  صرَا َ ط ال  مسَتقِيمَ
7. あなたが御恵みを下された人々の道
に、あなたの怒りを受けし者、また踏
み迷える人々の道ではなく。(アーミー
ン)
7. صِرَا َ ط الَّذِينَ أَنعَم َ ت عََلي ِ ه  م غَي ِ ر
المَغ  ضو ِ ب عََلي ِ ه  م وَ َ لا ال  ضالِّينَ (آمين)
(2) 雌牛章(アル・バカラ) ( البقرة ( 2
32.「あなたの栄光を讃えます。あなた
がわたしたちに教えられたものの外に
は、何も知らないのです。本当にあな
たは全知にして英明であられます。」
32 . َقاُلوْا  سبحَاَنكَ َ لا عِلْمَ َلَنا إِلاَّ مَا عَلَّ  مَتَنا
إِنَّكَ أَن َ ت اْلعَلِيم الْحَكِيم
126. イブラーヒームが(祈って)言っ
た。「主よ。ここを平安の町にして下
さい。その住民に、果実を御授け下さ
い。アッラーと最後の日を信じる者の
ために。」するとかれは仰せられた。
「信仰を拒否する者にも、しばしの間
楽しみを与えよう。その後かれらを火
獄の懲罰に、駆り立てるであろう。何
と悪い帰り所であることよ。」
126 . وَإِذْ َقالَ إِبرَاهِيم رَ  ب ا  جعَلْ هَََذا
بََلدا آمًِنا وَا  ر  ز ْ ق أَهَل  ه مِنَ الثَّمَرَاتِ مَ  ن آمَنَ
مِْن  هم ِبالّلهِ وَالْيَوِم الآخِ ِ ر َقالَ وَمَن َ كَفرَ
فَأُمَتِّ  ع  ه قَلِي ً لا ُثم أَض َ ط  ره إَِلى عَذَا ِ ب النَّا ِ ر
وَِبئْسَ الْمَصِي  ر
5
127.「主よ、わたしたちから(この奉仕
を)受け入れて下さい。本当にあなた
は全聴にして全知であられる。
127 . رَبَنا َتَقبلْ مِنَّا إِنَّكَ أَن َ ت ال  سمِي  ع اْلعَلِيم
128. 主よ、わたしたち両人をあなたに
服従、帰依する者〔ムスリム〕にして
下さい。またわたしたちの子孫をもあ
なたに服従、帰依する民〔ウンマ〕に
して下さい。わたしたちに祭儀を示
し、哀れみを与えて下さい。あなたは
度々許される方、慈悲深い方です。
128 . رَبَنا وَا  جعَْلَنا  مسلِمَي ِ ن َلكَ وَمِن
ُذ  ريتَِنا أُ  م ً ة  مسلِمَ ً ة لَّكَ وَأَ ِ رَنا مََناسِ َ كَنا وَُت  ب
عََليَنآ إِنَّكَ أَن َ ت التَّ  وا  ب ال  رحِيم
129. 主よ、かれらの間にあなたの印を
読誦させ啓典と英知を教え、かれらを
清める使徒をかれらの中から遣わして
下さい。本当にあなたは偉大にして英
明な方であられる。
129 . رَبَنا وَابعَ ْ ث فِي ِ ه  م رَ  سو ً لا  مْن  ه  م يَْتُلو
عََلي ِ ه  م آيَاتِكَ وَيعَلِّ  م  هم اْلكَِتابَ وَالْحِكْمَ َ ة
وَيزَكِّي ِ ه  م إِنَّكَ أَن َ ت العَزِي  ز الحَكِيم
137. 彼らのことはアッラーに御任せし
ておけ。かれは全聴にして全知であら
れる。
137 . فَسَيَكْفِيكَ  هم الّل  ه وَ  هوَ ال  سمِي  ع اْلعَلِيم
156. 災難に遭うと、「本当にわたした
ちは、アッラーのもの。かれの御許に
わたしたちは帰ります。」
156 . الَّذِينَ إَِذا أَصَابَْت  هم  مصِيبَ ٌ ة َقاُلوْا إِنَّا
لِّلهِ وَإِنَّا إَِليهِ رَا ِ جعونَ
186. われのしもべたちがわれに就いて
あなたに問う時、(言え)われは本当
に(しもべたちの)近くにいる。かれ
がわれに祈る時はその嘆願の祈りに答
える。それでわれ(の呼びかけ)に答
えさせ、われを信仰させなさい、恐ら
くかれらは正しく導かれるであろう。
186 . وَإَِذا سَأََلكَ عِبَادِي عَنِّي َفإِنِّي قَرِي  ب
أُجِي  ب دَعوََة الدا ِ ع إَِذا دَعَا ِ ن َفْليَ  سَت ِ جيبوْا لِي
وَْليؤْمُِنوْا ِبي َلعَلَّ  ه  م يَر ُ شدونَ
201.「主よ、現世でわたしたちに幸いを
賜い、また来世でも幸いを賜え。業火
の懲罰から、わたしたちを守ってくだ
さい。」
201 . رَبَنا آتَِنا فِي الدْنيَا حَسََنةً وَفِي
الآخِرَةِ حَسََنةً وَقَِنا عَذَابَ النَّا ِ ر
6
250.「主よ、わたしたちに不屈の精神を
注ぎ込んで下さい。わたしたちの足場
を固めて、不信心の民に対し、わたし
たちを御助け下さい。」
250 . رَبَنا أَْف ِ ر ْ غ عََليَنا صَب  را وََثب ْ ت أَْقدَامََنا
وَان  ص  رَنا عََلى اْلَق  وِم الْ َ كافِ ِ رينَ
255. この2つを守って、疲れも覚えら
れない。かれは至高にして至大であら
れる。
255 . وَ َ لا يَؤُوده حِْف ُ ظ  همَا وَ  هوَ الْعَلِ  ي
اْلعَظِيم
285. 「わたしたちは、(教えを)聞
き、服従します。主よ、あなたの御赦
しを願います。(わたしたちの)帰り
所はあなたの御許であります。」
285 . وََقاُلوْا سَمِ  عَنا وَأَ َ ط  عَنا ُ غفْرَاَنكَ رَبَنا
وَإَِليكَ الْمَصِي  ر
286. アッラーは誰にも、その能力以上
のものを負わせられない。人びとは)
自分の稼いだもので(自分を)益し、
その稼いだもので(自分を)損う。
「主よ、わたしたちがもし忘れたり、
過ちを犯すことがあっても、咎めない
で下さい。主よ、わたしたち以前の者
に負わされたような重荷を、わたした
ちに負わせないで下さい。主よ、わた
したちの力でかなわないものを、担わ
せないで下さい。わたしたちの罪障を
消滅なされ、わたしたちを赦し、わた
したちに慈悲を御くだし下さい。あな
たこそわたしたちの愛護者であられま
す。不信心の徒に対し、わたしたちを
御助け下さい。」
286 . َ لا يكَلِّ ُ ف الّل  ه َنْف  سا إِلاَّ  و  سعَهَا َلهَا مَا
َ كسَبَتْ وَعََليهَا مَا اكَْتسَبَتْ رَبَنا َ لا ُتؤَاخِ ْ ذَنا
إِن نَّسِيَنا أَ  و أَ ْ خ َ طأَْنا رَبَنا وَ َ لا َت  حمِلْ عََليَنا
إِ  ص  را َ كمَا حَمَلَْت  ه عََلى الَّذِينَ مِن َقبلَِنا رَبَنا
وَ َ لا ُتحَ  مْلَنا مَا َ لا َ طاَق َ ة َلَنا ِبهِ وَاع ُ ف عَنَّا
وَا ْ غفِ  ر َلَنا وَا  رحَ  مَنآ أَن َ ت مَ  و َ لاَنا َفان  ص  رَنا
عََلى اْلَق  وِم الْ َ كافِ ِ رينَ
(3) イムラーン家章(アーリ・イムラ
ーン) ) آل عمران (3
8. 「主よ、わたしたちを導かれた後、
わたしたちの心をそらさないで下さ
い。あなたの御許から、わたしたちに
御慈悲を与えて下さい。本当にあなた
こそ、限りなく与えられる御方であら
れます。」
8. رَبَنا َ لا ُت ِ ز ْ غ ُقُلوبََنا بَعدَ إِ ْ ذ هَدَيَتَنا وَهَب
َلَنا مِن لَّدنكَ رَحمَ ً ة إِنَّكَ أَن َ ت اْلوَ  ها  ب
7
9.「主よ、本当にあなたは疑いの余地の
ない(最後の審判の)日に、人びとを
集められる方であられます。アッラー
は約束をたがえられることはありませ
ん。」
9. رَبَنا إِنَّكَ جَامِ  ع النَّا ِ س لِيَوٍم لاَّ رَيبَ فِيهِ
إِ  ن الّلهَ َ لا يخْلِفُ الْمِيعَادَ
16.「主よ、わたしたちは本当に信じま
す。それでわたしたちの罪を赦し、火
(の責め苦)の懲罰から救って下さ
い。」と(祈って)言う。
16 . الَّذِينَ يَُقوُلونَ رَبَنا إِنََّنا آمَنَّا َفا ْ غفِ  ر َلَنا
ُذُنوبََنا وَقَِنا عَذَابَ النَّار
35.「主よ、わたしは、この胎内に宿っ
たものを、あなたに奉仕のために捧げ
ます。どうかわたしからそれを御受け
入れ下さい。本当にあなたは全聴にし
て全知であられます。」
35 . رَ  ب إِنِّي َنَذر ُ ت َلكَ مَا فِي بَ ْ طنِي
 محَ  ر  را َفَتَقبلْ مِنِّي إِنَّكَ أَن َ ت ال  سمِي  ع اْلعَلِيم
36. あなたに御願いします、どうかかの
女とその子孫の者を呪うべき悪霊から
御守り下さい。」
36 . ِ وإِنِّي أُعِيُذهَا ِبكَ وَُذ  ريَتهَا مِنَ الشَّي َ طا ِ ن
ال  رجِيِم
38.「主よ、あなたの御許から無垢の後
継ぎを私に御授け下さい。本当にあな
たは祈りを御聞き届け下さいます。」
38 . رَ  ب هَ  ب لِي مِن لَّدنْكَ ُذ  ريةً َ طيبَةً إِنَّكَ
سَمِي  ع الدعَاء
53. 主よ、わたしたちは、あなたが下さ
れたものを信じ、あなたの使徒に従い
ます。それでわたしたちを証人たちと
一緒に、書き留めて下さい。」
53 . رَبَنا آمَنَّا ِبمَا أَنزََل ْ ت وَاتَّبَ  عَنا ال  ر  سولَ
َفا ْ كُتبَنا مَعَ الشَّاهِدِينَ
147.「主よ、わたしたちの様々な罪や行
き過ぎた行ないを赦して下さい。わた
したちの足場を固め、不信心な者たち
に対して力を与え助けて下さい。」
147 . ربَنا ا ْ غفِ  ر َلَنا ُذُنوبََنا وَإِ  سرَاَفَنا فِي
أَ  م ِ رَنا وََثب ْ ت أَْقدَامََنا وان  ص  رَنا عََلى اْلَق  وِم
الْ َ كافِ ِ رينَ
173.「わたしたちには、アッラーがいれ
ば万全である。かれは最も優れた管理
者であられる。」と言った。
173 . حَ  سبَنا الّل  ه وَنِعمَ الْوَكِيلُ
8
191. または立ち、または座り、または
横たわって(不断に)アッラーを唱念
し、天と地の創造に就いて考える者は
言う。「主よ、あなたは徒らに、これ
を御創りになったのではないのです。
あなたの栄光を讃えます。火の懲罰か
らわたしたちを救って下さい。
191 . الَّذِينَ يَذْ ُ ك  رونَ الّلهَ قِيَاما وَُق  عودا
وَعََلىَ  جُنوِب ِ هم وَيََتَفكَّ  رونَ فِي َ خلْقِ
ال  سمَاوَاتِ وَالأَرضِ رَبَنا مَا َ خَلقْ َ ت هَذا
بَاطِ ً لا  سبحَاَنكَ َفقَِنا عَذَابَ النَّار
192. 主よ、本当にあなたは業火に投げ
込まれた者を、必ず屈辱でおおわれ
る。不義の者には援助者はないであろ
う。
192 . رَبَنا إِنَّكَ مَن ُتدخِلِ النَّارَ َفَقد أَ ْ خزَيَت  ه
وَمَا لِلظَّالِمِينَ مِ  ن أَنصَار
193. 主よ、本当にわたしたちは『あな
たがたの主を信仰しなさい。』と信仰
に呼ぶ者の呼び声を聞いて、信仰に入
りました。主よ、わたしたちの罪を赦
されて、凡ての罪業をわたしたちから
抹消して、信仰の達成者たちと一緒に
あなたに召してください。
193 .رَبَنا إِنََّنا سَمِ  عَنا  مَنادِيا يَنادِي لِلإِيمَا ِ ن
أَ  ن آمُِنوْا ِبرَب ُ كم َفآمَنَّا رَبَنا َفا ْ غفِ  ر َلَنا ُذُنوبََنا
وَ َ كفِّ  ر عَنَّا سَيئَاتَِنا وََتوَفََّنا مَعَ الأبرَار
194. 主よ、あなたの使徒たちによっ
て、わたしたちに約束されたものを授
け、また審判の日には屈辱から救って
下さい。本当にあなたは、決して約束
を無になさいません。」
194 .رَبَنا وَآتَِنا مَا وَعَدتََّنا عََلى  ر  سلِكَ وَ َ لا
ُت ْ خ ِ زَنا يَومَ الْقِيَامَةِ إِنَّكَ َ لا ُتخْلِ ُ ف الْمِيعَادَ
(4) 婦人章(アン・ニサーア) ( سورة النساء ( 4
75.「主よ、この不義をなす(マッカ
の)住民の町から、わたしたちを救い
出して下さい。そしてわたしたちに、
あなたの御許から一人の保護者を立て
て下さい。またわたしたちに、あなた
の御許から一人の援助者を立てて下さ
い。」
75 . رَبَنا أَ ْ خ ِ ر  جَنا مِ  ن هَذِهِ الَْقريَةِ الظَّالِ ِم
أَ  هُلهَا وَا  جعَل لََّنا مِن لَّدنكَ وَلِيا وَا  جعَل لََّنا
مِن لَّدنكَ َنصِي  را
9
106. アッラーの御赦しを請いなさい。
アッラーは寛容にして慈悲深くあられ
る。
106 . وَاسَتغْفِرِ الّلهِ إِ  ن الّلهَ كَانَ َ غُفو  را
 رحِي  ما
110. 悪事を行い、また自分の魂を損な
っても、直ぐにアッラーの御赦しを請
うならば、アッラーが寛容で慈悲深く
あられることが分るであろう。
110 . وَمَن يَ  عمَلْ  سو  ءا أَ  و يَ ْ ظلِ  م نَفْسَ  ه ُثم
يَسَتغْفِرِ الّلهَ يَ ِ جدِ الّلهَ َ غُفو  را  رحِي  ما
(5) 食卓章(アル・マーイダ) ( سورة المائدة ( 5
74. かれらは何故、悔悟してアッラーに
返り、その御赦しを求めようとしない
のか。誠にアッラーは寛容にして慈悲
深くあられる。
74 . أََف َ لا يَُتوبونَ إَِلى الّلهِ وَيَ  سَت ْ غفِ  روَن  ه وَالّل  ه
غَفُو  ر رحِيم
83. 「主よ、わたしたちは信仰します。
わたしたちを証人の中に書き留めて下
さい。
83 . رَبَنا آمَنَّا َفا ْ كُتبَنا مَعَ الشَّاهِدِينَ
114. わたしたちに食を与えて下さい。
本当にあなたは最も優れた養い主で
す。」
114 . وَا  ر  زْقَنا وَأَن َ ت خَي  ر ال  رازِقِينَ
(6) 家畜章(アル・アンアーム) ( سورة الأنعام ( 6
79. わたしは天と地を創られた方にわた
しの顔を向けて、純正に信仰します。
わたしは多神教徒の仲間ではない。」
79 . إِنِّي وَجه ُ ت وَج ِ هيَ لِلَّذِي َف َ طرَ
ال  سمَاوَاتِ وَالأَرضَ حَنِيفًا وَمَا أََناْ مِنَ
اْل  م ْ ش ِ ركِينَ
162.(祈って)言ってやるがいい。「わ
たしの礼拝と奉仕、わたしの生と死
は、万有の主、アッラーのためであ
る。
162 . ُقلْ إِ  ن صَ َ لاتِي وَُن  سكِي وَمَحيَايَ
وَمَمَاتِي لِّلهِ رَ  ب اْلعَاَلمِينَ
10
163. かれに同位者はありません。この
ように命じられたわたしは、ムスリム
の先き駆けである。」
163 . َ لا شَرِيكَ لَ  ه وَبَِذلِكَ أُمِر ُ ت وَأََناْ أَولُ
اْل  م  سلِمِينَ
(7) 高壁章(アル・アアラーフ) ( الأعراف ( 7
23.「主よ、わたしたちは誤ちを犯しま
した。もしあなたの御赦しと慈悲を御
受け出来ないならば、わたしたちは必
ず失敗者の仲間になってしまいま
す。」
23 . رَبَنا َ ظَل  مَنا أَنُفسََنا وَإِن لَّ  م َت ْ غفِ  ر َلَنا
وََت  رحَ  مَنا لَنَكُونَ  ن مِنَ الْ َ خاسِ ِ رينَ
29. 言ってやるがいい。「わたしの主
は、正義を命じられる。それであなた
がたは全霊をうち込み、何処のマスジ
ドでも、かれに信心の誠を尽くして祈
りなさい。最初あなたがたを創られた
ように、あなたがたは(かれに)帰る
のである。
29 . ُقلْ أَمَرَ رَبي بِالْقِسطِ وَأَقِي  مواْ  و  جوهَ ُ ك  م
عِندَ ُ كلِّ مَس ِ جدٍ وَادعوه  مخْلِصِينَ لَ  ه الدينَ
َ كمَا بَدَأَ ُ كم تَعودونَ
43.「わたしたちをこの(幸福)に御導
き下された、アッラーを讃える。もし
アッラーの御導きがなかったならば、
わたしたちは決して(正しく)導かれ
なかったでありましょう。
43 . اْلحَ  مد لِّلهِ الَّذِي هَدَانَا لِهَذَا وَمَا ُ كنَّا
لَِنهَتدِيَ َل  ولا أَ  ن هَدَانَا اللّ  ه
47.「主よ、わたしたちを不義の人びと
と一緒にしないで下さい。」と言うで
あろう。
47 . رَبَنا َ لا َتجعَْلَنا مَعَ اْلَق  وِم الظَّالِمِينَ
55. 謙虚にまた目立たない隠れたところ
で、あなたがたの主に祈れ。かれは教
えに背く者を御好みになられない。
55 . ا  د  عوْا رَب ُ ك  م َتضَ  ر  عا وَ ُ خفْيَ ً ة إِنَّ  ه َ لا
يحِب اْل  م  عَتدِينَ
56. 秩序が定められた後、地上で悪を行
なってはならない。恐れと熱情をもっ
てかれに祈れ。本当にアッラーの慈悲
は、(常に)善行をなす者の近くにあ
る。
56 . وَ َ لا ُتْفسِدوْا فِي الأَرضِ بَعدَ إِ  ص َ لاحِهَا
وَادعوه َ خ  وًفا وَ َ طمَ  عا إِ  ن رَحمَ َ ت الّلهِ قَرِي  ب
 منَ اْل  م  حسِنِينَ
11
89. 本当に主は、凡ての事物をその御知
識に包容なされます。わたしたちはア
ッラーを信頼申し上げます。主よ、真
理によって、わたしたちと人々の間を
裁いて下さい。本当にあなたは裁決に
最も優れた方であられます。」
89 . وَسِعَ رَبَنا ُ كلَّ َ شيءٍ عِْل  ما عََلى الّلهِ
َتوَكَّْلَنا رَبَنا اْفَت  ح بَيَنَنا وَبَينَ َق  ومَِنا ِباْلحَقِّ
وَأَن َ ت خَي  ر اْلَفاتِحِينَ
121. 言った。「わたしたちは、万有の
主を信仰します。
121 . َقاُلوْا آمَنَّا ِب ِ ر  ب اْلعَاَلمِينَ
125. かれらは言った。「本当にわたし
たちは、主の許に帰されるのです。
125 . َقاُلوْا إِنَّا إَِلى رَبَنا  منقَلِبونَ
126. 主よ、わたしたちに忍耐を与え、
ムスリムとして死なせて下さい。」
126 . رَبَنا أَْف ِ ر ْ غ عََليَنا صَب  را وََتوَفََّنا
 مسلِمِينَ
143.「あなたの栄光を讃えます。わたし
は悔悟してあなたに帰依し、わたしは
信仰する者の先き駆けとなります。」
143 .  سبحَاَنكَ ُتب ُ ت إَِليكَ وَأََناْ أَولُ الْ  مؤْمِنِينَ
149.「本当に主が慈悲を施こされず、ま
たその御赦しがなかったならば、わた
したちはきっと失敗者の仲間であっ
た。」
149 . َلئِن لَّ  م يَ  رحَ  مَنا رَبَنا وَيَغْفِر َلَنا لَنَكُونَ  ن
مِنَ الْ َ خاسِ ِ رينَ
151. かれ(ムーサー)は(祈って)言
った。「主よ、わたしとわたしの兄を
赦し、あなたの慈悲に浴させて下さ
い。本当にあなたは、慈悲深い者の中
でも最も慈悲深い方です。」
151 . َقالَ رَ  ب ا ْ غفِ  ر لِي وَلأَخِي وَأَ  دخِْلَنا
فِي رَحمَتِكَ وَأَن َ ت أَرحَم ال  راحِمِينَ
155. あなたはわたしたちの愛護者であ
ります。それで、わたしたちを赦し
て、慈悲を施して下さい。あなたは、
最も寛容な御方でいらっしゃいます。
155 . أَن َ ت وَلِيَنا َفا ْ غفِ  ر َلَنا وَا  رحَ  مَنا وَأَن َ ت
خَي  ر الْ َ غافِ ِ رينَ
156. またわたしたちのために、現世で
も来世でも、幸福を授けて下さい。本
156 . وَا ْ كُت  ب َلَنا فِي هَذِهِ الدْنيَا حَسََنةً
وَفِي الآخِرَةِ إِنَّا  ه  دَنا إَِليكَ
12
当にわたしたちは、改悛してあなたの
許に戻って来ました。」
180. 最も美しい凡ての御名はアッラー
に属する。それでこれら(の御名)
で、かれを呼びなさい。かれの御名を
冒涜する者は放っておきなさい。かれ
らはその行ったことにより報いられる
であろう。
180 . وَلِّلهِ الأَ  سمَاء اْل  ح  سَنى فَادعوه ِبهَا
وََذ  روْا الَّذِينَ يلْحِدونَ فِي أَسمَآئِهِ سَيجزَونَ
مَا َ كاُنوْا يَعمَُلونَ
196. 本当にアッラーはわたしの愛護者
であり、啓典を啓示された方である。
かれは正義の徒を愛護なされる。
196 .إِ  ن وَلِييَ الّل  ه الَّذِي َن  زلَ اْلكَِتابَ وَ  هوَ
يََتوَلَّى ال  صالِحِينَ
200. また悪魔からの中傷があなたを悩
ませた時は、アッラーの加護を求めな
さい。本当にかれは全聴にして全知で
あられる
200 . وَإِ  ما يَنزَ َ غنَّكَ مِنَ الشَّي َ طا ِ ن نَز ٌ غ
َفا  سَتعِ ْ ذ ِبالّلهِ إِنَّ  ه سَمِي  ع عَلِيم
201. 本当に主を畏れる者は、悪魔がか
れらを悩ますとき、(アッラーを)念
ずればたちどころに(真理に)眼が開
くだろう。
201 . إِ  ن الَّذِينَ اتََّقوْا إَِذا مَ  س  ه  م طَائِ ٌ ف  منَ
الشَّي َ طا ِ ن َتَذكَّ  روْا َفإَِذا  هم  مبصِ  رونَ
204. それでクルアーンが読誦される時
は、それを謹しんで聴き、また静粛に
しなさい。恐らくあなたがたは慈悲を
受けるであろう。
204 . وَإَِذا ُقرِىءَ الُْقرآ  ن َفا  سَتمِ  عوْا لَ  ه
وَأَنصُِتوْا َلعَلَّ ُ ك  م ُترحَ  مونَ
205. またあなたがたは朝夕、魂を込め
て謙虚に、恐れ謹んで、言葉は大声で
なく、あなたの主を唱念しなさい。お
ろそかな者の仲間となってはならな
い。
205 . وَا ْ ذ ُ كر  ربكَ فِي َنفْسِكَ تَضَ  رعًا وَخِيَفةً
وَدونَ الْجَه ِ ر مِنَ اْلَق  ولِ ِباْل ُ غد  و وَالآصَالِ وَ َ لا
َت ُ كن  منَ الْ َ غافِلِينَ
206. 本当にあなたの主の側近にいる者
は、かれを崇めるのに慢心することな
く、かれの栄光を讃えて唱念し、かれ
にサジダする。
206 . إِ  ن الَّذِينَ عِندَ رَبكَ َ لا يَ  سَت ْ كِب  رونَ عَ  ن
عِبَادَتِهِ وَيسَب  حوَن  ه وَلَ  ه يَس  جدونَ
13
(9) 悔悟章(アッ・タウバ) ( سورة التوبة ( 9
128. 今、使徒があなたがたに、あなた
がたの間からやって来た。かれはあな
たがたの悩みごとに心を痛め、あなた
がたのため、とても心配している。信
者に対し優しく、また情け深い。
128 . َلَقد جَاء ُ ك  م رَسولٌ  م  ن أَنُفسِ ُ كم عَزِي  ز
عََليهِ مَا عَنِتُّم حَرِي  ص عََلي ُ كم ِباْل  مؤْمِنِينَ
رَؤُو ٌ ف رحِيم
129. だからかれらが背き去っても言っ
てやるがいい。「わたしには、アッラ
ーがいれば十分である。かれの外に神
はない。わたしはかれを信頼する。か
れこそは、(栄光に満ちた)至高の玉
座の主であられる。」
129 حَسِبيَ الّل  ه لا إِلَهَ إِلاَّ  هوَ عََليهِ
تَوَكَّلْ ُ ت وَ  هوَ رَ  ب الْعَر ِ ش اْلعَظِيِم
(10) ユーヌス章( سورة يونس ( 10
10. その中でかれらの祈りは、「アッラ
ーよ、あなたの栄光を讃えます。」で
あり、またそこでのかれらの挨拶は
「平安あれ。」であり、そして祈りの
結びは、「万有の主アッラーを讃えま
す。」である。
10 . دَ  عوَا  ه  م فِيهَا  سبحَاَنكَ اللَّ  هم وََتحِيُت  هم
فِيهَا سَلاَم وَآخِ  ر دَ  عوَا  ه  م أَنِ اْلحَ  مد لِّلهِ رَ  ب
اْلعَاَلمِينَ
22. アッラーに向かって、信心を尽くし
て祈る。
22 . دَعَ  واْ الّلهَ  مخْلِصِينَ لَ  ه الدينَ
85. かれらは(祈って)言った。「わた
したちはアッラーを信頼します。主
よ、わたしたちを、不義の民のための
一試練となされず、
85 . َفَقاُلوْا عََلى الّلهِ َتوَكَّْلَنا رَبَنا َ لا َت  جعَْلَنا
فِتَْنةً لِّْلَق  وِم الظَّالِمِينَ
86. あなたの御慈悲をもってわたしたち
を不信心の民から救い出して下さ
い。」
86 . وََن  جَنا ِبرَحمَتِكَ مِنَ اْلَق  وِم الْ َ كافِ ِ رينَ
(11)フード章( سورة هود ( 11
3. あなたがたの主の御赦しを請い願
え。そしてあなたがたは、悔悟してか
3. وَأَنِ ا  سَت ْ غفِ  روْا رَب ُ ك  م ُثم ُتوبوْا إَِليهِ
14
れの許に返れ、(そうすればアッラー
は)定められた時期までいろいろなよ
いものを享受させる。また功績の多い
者には、それぞれ豊富に恵みを与えら
れる。だがもし背き去るならば、わた
しはあなたがたのために偉大な日の懲
罰を恐れる。
يمَتِّ  ع ُ كم  مَتا  عا حَسًَنا إَِلى أَجَلٍ  مسَ  مى وَيؤْتِ
ُ كلَّ ذِي َفضلٍ َفضَل  ه وَإِن َتوَلَّ  وْا َفإِنِّيَ أَخَا ُ ف
عََلي ُ ك  م عَذَابَ يَوٍم َ كِبي ٍ ر
4.「あなたがたはアッラーの許に帰るの
である。かれは凡てのことに全能であ
られる。」
4. إَِلى الّلهِ مَ  ر ِ ج  ع ُ ك  م وَ  هوَ عََلى ُ كلِّ َ شيءٍ
قَدِي  ر
41. かれ(ヌーフ)は言った。「アッラ
ーの御名によって、これに乗れ。航行
にも停泊にもそれによれ。本当にわた
しの主は、寛容にして慈悲深くあられ
る。」
41 . وََقالَ ا  ر َ كبوْا فِيهَا ِبسِم الّلهِ مَجرَاهَا
وَ  مرسَاهَا إِ  ن رَبي لَغَفُو  ر رحِيم
47. かれは申し上げた。「主よ、本当に
わたしが知りもしないことに就いて、
あなたに請い求めないよう、御赦しを
願います。あなたがわたしを御赦しに
なり、慈悲を与えられなければ、わた
しはきっと、失敗者の仲間になるでし
ょう。」
47 . َقالَ رَ  ب إِنِّي أَعوُذ ِبكَ أَ  ن أَسأََلكَ مَا
َليسَ لِي ِبهِ عِلْم وَإِلاَّ َت ْ غفِ  ر لِي وََت  رحَ  منِي
أَ ُ كن  منَ الْ َ خاسِ ِ رينَ
56. わたしの主であり、あなたがたの主
であられるアッラーを、わたしは信頼
する。凡ての生きものの一つでも、ア
ッラーがその前髪を掴まれないものは
ない。本当にわたしの主は、正しい道
の上におられる。
56 . إِنِّي تَوَكَّلْ ُ ت عََلى الّلهِ رَبي وَرَب ُ كم  ما
مِن دَآبةٍ إِلاَّ  هوَ آخٌِذ ِبَناصِيَتِهَا إِ  ن رَبي عََلى
صِرَاطٍ  م  سَتقِيٍم
57. 本当にわたしの主は、凡てを見守ら
れる。
57 . إِ  ن رَبي عََلىَ ُ كلِّ َ شيءٍ حَفِي ٌ ظ
88. アッラーによる以外にはわたしの成
功〔タウフィーク〕はないのである。
わたしはかれに信頼し、かれに悔悟し
て返る。
88 . وَمَا َت  وفِيقِي إِلاَّ ِبالّلهِ عََليهِ تَوَكَّلْ ُ ت وَإَِليهِ
أُنِي  ب
15
90. それであなたがたの主の御赦しを請
い、悔悟してかれに返れ。本当にわた
しの主は慈悲深く温情にあつい御方で
ある。
90 . وَاسَت ْ غفِ  روْا رَب ُ ك  م ُثم ُتوبوْا إَِليهِ إِ  ن رَبي
رَحِيم وَدود
(12) ユースフ章( سورة يوسف ( 12
18. それで(わたしとしては)耐え忍ぶ
のが美徳だ。あなたがたの述べること
に就いては、(ただ)アッラーに御助
けを御願いする。
18 . فَصَب  ر جَمِيلٌ وَالّل  ه اْل  م  سَتعَا  ن عََلى مَا
تَصُِفونَ
33. かれ(ユースフ)は言った。「主
よ、わたしはかの女たちが誘惑するも
のよりも、牢獄が向いています。あな
たがもしかの女たちの悪企みをわたし
から取り除いて下さらなければ、わた
しは(若年の弱さで)かの女たちに傾
いて、無道な者になるでしょう。
33 . َقالَ رَ  ب السج  ن أَحَ  ب إِلَ  ي مِ  ما
يَ  د  عوَننِي إَِليهِ وَإِلاَّ َت  ص ِ ر ْ ف عَنِّي كَيدَ  هن
أَص  ب إَِليهِ  ن وَأَ ُ كن  منَ الْجَاهِلِينَ
64. だがアッラーは最もよく(かれを)
守られる。かれこそは、慈悲深い御方
の中でも最大の慈悲深い御方であられ
る。
64 . َفالّل  ه خَي  ر حَافِ ً ظا وَ  هوَ أَرحَم ال  راحِمِينَ
67. 裁定は、ただアッラーに属する。か
れをわたしは信頼した。凡ての頼る者
は、かれにこそ頼るべきである。
67 . إِ ِ ن اْل  حكْم إِلاَّ لِّلهِ عََليهِ تَوَكَّلْ ُ ت وَعََليهِ
َفلْيََتوَكَّلِ اْل  مَتوَكُِّلون
83. だが耐え忍ぶことこそ(わたしに
は)美徳である。或はアッラーが、か
れらを皆わたしに御送りになるかもし
れない。かれは本当に全知にして英明
であられる。
83 . فَصَب  ر جَمِيلٌ عَسَى الّل  ه أَن يَأْتِيَنِي ِب ِ هم
جَمِيعا إِنَّ  ه  هوَ اْلعَلِيم الْحَكِيم
86. かれは言った。「わたしはただアッ
ラーに対し、わが悲嘆と苦悩とを訴え
ているだけである。わたしは、あなた
86 . َقالَ إِنَّمَا أَ ْ ش ُ كو بَثِّي وَ  ح  زنِي إَِلى الّلهِ
وَأَعَلم مِنَ الّلهِ مَا َ لا َت  عَل  مونَ
16
がたが知らないことを、アッラーから
教わっている。
92. かれは言った。「今日あなたがた
を、(取り立てて)咎めることはあり
ません。アッラーはあなたがたを御赦
しになるでしょう。かれは慈悲深き御
方の中でも最も優れた慈悲深き御方で
あられます。
92 .َقالَ َ لا َتْثرَيبَ عَلَيكُم الْيَومَ يَغْفِ  ر الّل  ه َل ُ ك  م
وَ  هوَ أَرحَم ال  راحِمِينَ
101. 主よ、あなたはわたしに権能を授
けられ、また出来事の解釈を御教えに
なりました。天と地の創造の主よ、あ
なたは現世と来世でのわたしの守護者
です。あなたは、わたしをムスリムと
して死なせ、正義の徒の中に加えて下
さい。」
101 . رَ  ب َق  د آَتيَتنِي مِنَ اْل  مْلكِ وَعَلَّ  مَتنِي
مِن تَأْوِيلِ الأَحَادِيثِ فَاطِرَ ال  سمَاوَاتِ
وَالأَرضِ أَن َ ت وَلِيي فِي الدُنيَا وَالآخِرَةِ
َتوَفَّنِي  م  سلِ  ما وَأَْلحِْقنِي ِبال  صالِحِينَ
108. 言ってやるがいい。「これこそわ
たしの道。わたしも、わたしに従う者
たちも明瞭な証拠の上に立って、アッ
ラーに呼びかける。アッラーに讃えあ
れ。わたしたちは多神を信じる者では
ない。」
108 . ُقلْ هَذِهِ سَِبيلِي أَ  د  عو إَِلى الّلهِ عََلى
بَصِيرَةٍ أََناْ وَمَ ِ ن اتَّبَعَنِي وَ  سبحَانَ الّلهِ وَمَا أََناْ
مِنَ اْل  م ْ ش ِ ركِينَ
(13) 雷電章(アッ・ラアド) ( سورة الرعد ( 13
11.各人には、前からも後ろからも、次
から次に(天使)が付いていて、アッ
ラーの御命令により監視している。本
当にアッラーは、人が自ら変えない限
り、決して人びと(の運命)を変えら
れない。だがアッラーが(一度)人び
とに災難を下そうと御望みになれば、
それは決して避けることは出来ない。
かれらには、かれの外に守護者はない
のである。
11 . لَ  ه معَقِّبَا ٌ ت  من بَي ِ ن يَدَيهِ وَمِن َ خلْفِهِ
يَحفَ ُ ظونَ  ه مِ  ن أَمرِ الّلهِ إِ  ن الّلهَ َ لا يغَي  ر مَا
بَِقومٍ حَتَّى ي َ غي  روْا مَا بِأَنُْفسِهِم وَإَِذا أَرَادَ الّل  ه
بَِقومٍ  سو  ءا َف َ لا مَرَد لَ  ه وَمَا َل  هم  من دونِهِ
مِن وَالٍ
17
30. 言ってやるがいい。「かれはわたし
の主であられ、かれの外には神はない
のである。かれにわたしの凡てを御委
せし、かれこそわたしの拠り所であ
る。」
30 . ُقلْ  هوَ رَبي لا إِلَهَ إِلاَّ  هوَ عََليهِ
تَوَكَّلْ ُ ت وَإَِليهِ مَتَا ِ ب
36. 言ってやるがいい。「わたしはアッ
ラーに仕え、何ものもかれに比肩して
はならないと命じられた。わたしはか
れにだけ祈りを捧げ、またかれの御許
に帰るのである。」
36 . ُقلْ إِنَّمَا أُمِر ُ ت أَ  ن أَعبدَ الّلهَ وَلا أُشْ ِ ركَ
ِبهِ إَِليهِ أَ  د  عو وَإَِليهِ مَآ ِ ب
(14) イブラーヒーム章( سورة إبراهيم ( 14
12.「どうしてわたしたちは、アッラー
を信頼しないでいられようか。かれは
わたしたちを(従うべき)道に導かれ
る。わたしたちは、あなたがたが加え
る迫害に何処までも耐え忍ぶであろ
う。信頼する者たちは、アッラーにこ
そ全てを御任せすべきである。」
12 . وَمَا َلَنا أَلاَّ َنَتوَكَّلَ عََلى الّلهِ وََق  د هَدَانَا
 سبَلَنا وََلَنصبِرَ  ن عََلى مَا آَذيُت  موَنا وَعََلى الّلهِ
َفلْيََتوَكَّلِ اْل  مَتوَكُِّلونَ
35. イブラーヒームが(こう祈って)言
った時を思え。「主よ、この町を安泰
にして下さい。またわたしと子孫を偶
像崇拝から遠ざけて下さい。
35 . وَإِذْ َقالَ إِبرَاهِيم رَ  ب ا  جعَلْ هََذا الْبََلدَ
آمًِنا وَا  جُنبنِي وَبَنِ  ي أَن نَّعبدَ الأَصنَامَ
36. 主よ、かれらは人びとの多くを迷わ
せました。わたし(の道)に従う者
は、本当にわたしの身内であります。
わたしに従わない者は……だがあなた
は度々御許しなされる方、慈悲深い方
であられます。
36 . رَ  ب إِنَّ  هن أَ  ضَلْلنَ َ كثِي  را  منَ النَّا ِ س َفمَن
َتِبعَنِي فَإِنَّ  ه مِنِّي وَمَن عَصَانِي َفإِنَّكَ غَفُو  ر
رحِيم
37. 主よ、わたしは子孫のある者をあな
たの聖なる館の側の耕せない谷間に住
まわせました。主よ、彼らに礼拝の務
めを守らせて下さい。そうすれば人々
37 .  ربَنا إِنِّي أَسكَن ُ ت مِن ُذ  ريتِي بِوَادٍ َ غيرِ
ذِي زَر ٍ ع عِندَ بَيتِكَ الْ  محَ  رِم رَبَنا لِيقِي  مواْ
ال  ص َ لاَة َفا  جعَلْ أَفْئِدَةً  منَ النَّا ِ س َت  ه ِ وي إَِلي ِ ه  م
18
の心を彼らに引き付けるでしょう。ま
た彼らに果実を御授け下さい。きっと
彼らは感謝するでしょう。
وَا  ر  زْق  هم  منَ الثَّمَرَاتِ َلعَلَّ  ه  م يَشْ ُ ك  رونَ
38. 主よ、本当にあなたは、わたしたち
が隠すことも現わすことも知っておら
れます。また地にも天にも、アッラー
に対し何も隠されたものはありませ
ん。
38 . رَبَنا إِنَّكَ َتعَلم مَا ُن ْ خفِي وَمَا نُعلِ  ن وَمَا
يَ ْ خَفى عََلى الّلهِ مِن َ شيءٍ َفي الأَرضِ وَ َ لا
فِي ال  سمَاء
39. 老年なのに、わたしにイスマーイー
ルとイスハークを授けられた方、アッ
ラーを讃えます。本当にわたしの主
は、祈りを御聞き届け下さる方です。
39 . اْلحَ  مد لِّلهِ الَّذِي وَهَبَ لِي عََلى الْكِبَ ِ ر
إِسمَاعِيلَ وَإِسحَ َ ق إِ  ن رَبي لَسَمِي  ع الدعَاء
40. 主よ、わたしとわたしの子孫たち
を、礼拝の務めを守る者にして下さ
い。主よ、わたしの祈りを御受け下さ
い。
40 . رَ  ب ا  جعَْلنِي  مقِيمَ ال  ص َ لاةِ وَمِن ُذ  ريتِي
رَبَنا وََتَقبلْ دعَاء
41. 主よ、清算が確定する日には、わた
しと両親そして(凡ての)信者たち
を、御赦し下さい。」
41 . رَبَنا ا ْ غفِ  ر لِي وَلِوَالِدَ  ي وَلِْل  مؤْمِنِينَ يَومَ
يَُقوم الْحِسَا  ب
(17 ) 夜の旅章(アル・イスラーゥ) ( سورة الإسراء ( 17
24. そして敬愛の情を込め、両親に対し
謙虚に翼を低く垂れ(優しくし)て、
「主よ、幼少の頃、わたしを愛育して
くれたように、2人の上に御慈悲を御
授け下さい。」と(祈りを)言うがい
い。
24 . وَا ْ خفِ  ض َل  همَا جَنَاحَ الذُّلِّ مِنَ ال  رحمَةِ
وَُقل  ر  ب ا  رحَ  م  همَا َ كمَا رَبيَانِي صَغِيرا
43. かれに讃えあれ、かれはかれらが唱
えるものの上に高くおられる。崇高に
して偉大な御方であられる。
43 . سبحَانَ  ه وََتعَاَلى عَ  ما يَُقوُلونَ  عُل  وا
َ كِبي  را
19
80.(祈って)言え、「主よ、わたしを
正しい入り方で入らせ、また正しい出
方で出させ、あなたの御許から、助け
となる権威をわたしに授けて下さ
い。」
80 . وَُقل  ر  ب أَ  دخِْلنِي  مد َ خلَ صِدقٍ
وَأَ ْ خ ِ ر  جنِي  مخْرَجَ صِدقٍ وَا  جعَل لِّي مِن
لَّدنكَ  سْل َ طاًنا نَّصِي  را
93. 言ってやるがいい。「主に讃えあ
れ、わたしは使徒として(遣わされ
た)一人の人間に過ぎないではない
か。
93 . ُقلْ  سبحَانَ رَبي هَلْ كُن ُ ت إَلاَّ بَ َ ش  را
 ر  سو ً لا
108. そして(祈って)、『わたしたち
の主の栄光を讃えます。本当に主の御
約束は果たされました。』と言う。」
108 . وَيَُقوُلونَ  سبحَانَ رَبَنا إِن كَانَ وَعد
رَبَنا َلمَْف  عو ً لا
111. また言ってやるがいい。「アッラ
ーに讃えあれ。かれは子を持たれない
御方。また(かれの)大権には共有者
もない御方。また(かれは)不面目な
支援者(それは被創造物だから)を持
たない御方であられる。(アッラーは
完全自足者であられる)。」かれの偉
大さ(栄光)を讃えなさい。
111 . وَُقلِ اْلحَ  مد لِّلهِ الَّذِي َل  م يَتَّخِذْ وََلدا وََلم
يَ ُ كن لَّ  ه شَرِي  ك فِي اْل  مْلكِ وََل  م يَ ُ كن لَّ  ه وَلِ  ي
 منَ الذُّلَّ وَكَبره َت ْ كِبي  را
(18) 洞窟章(アル・カハフ) ( سورة الكهف ( 18
1.アッラーを讃える。かれはそのしも
べに啓典を下された。それには、少し
の曲ったことも含まれない。
1. اْلحَ  مد لِلَّهِ الَّذِي أَنزَلَ عََلى عَبدِهِ اْلكَِتابَ
وََل  م يَ  جعَل لَّ  ه عِوَجَا
10. かれらは(祈って)言った。「主
よ、あなたの御許から慈悲を与えら
れ、わたしたちの事態に正しい道を御
授け下さい。
10 . َفَقاُلوا رَبَنا آتَِنا مِن لَّدنكَ رَحمَ ً ة وَهَيئْ
َلَنا مِ  ن أَ  م ِ رَنا رَ َ شدا
14. かれらは起き上った時言った。「わ
たしたちの主は、天と地の主である。
14 . َفَقاُلوا رَبَنا رَ  ب ال  سمَاوَاتِ وَاْلأَ  ر ِ ض
20
わたしたちは、かれを差し置いていか
なる神にも祈らない。(もしそうした
ら)本当に無法なことを口にすること
になる。
َلن نَّد  عوَ مِن دونِهِ إَِل  ها َلَقد ُقْلَنا إًِذا َ ش َ ط ً طا
24. 「わたしの主は、これよりも正しい
道に近付くよう御導き下さるでしょ
う。」と言え。
24 . وَُقلْ عَسَى أَن يَهدِيَ ِ ن رَبي لِأَقْرَبَ مِ  ن
هََذا رَ َ شدا
39.「すべてはアッラーの御心のまま、
(本当に)アッラー以外には、何の力
もございません」と、どうして言わな
いのですか。
39 . ُقلْ َ ت مَا َ شاء اللَّ  ه َلا ُق  وَة إِلَّا ِباللَّهِ
(19) マルヤム章( سورة مريم ( 19
4. かれは言った。「主よ、わたしの骨
は本当に弱まり、また頭の髪は灰色に
輝きます。だが主よ、わたしはあなた
に御祈りして、御恵みを与えられない
ことはありません。
4. َقالَ رَ  ب إِنِّي وَهَنَ اْلعَ ْ ظم مِنِّي وَاشَْتعَلَ
الرأْ  س َ شيبا وََل  م أَ ُ كن بِدعَائِكَ رَ  ب َ شقِيا
5. 只々わたしの後の、近親(と同胞の
こと)を恐れます。わたしの妻は不妊
です。それであなたの御許から、相続
者をわたしに御授け下さい。
5. وَإِنِّي خِفْ ُ ت اْلمَوَالِيَ مِن وَرَائِي وَكَاَنتِ
ا  مرَأَتِي عَاقِ  را َفهَ  ب لِي مِن لَّدنكَ وَلِيا
6. わたしを継がせ、またヤアコーブの
家を継がせて下さい。主よ、かれを御
意に適う者にして下さい。」
6. يَ ِ رُثنِي وَيَ ِ ر ُ ث مِ  ن آلِ يَعُقوبَ وَا  جعَْل  ه
رَ  ب رَضِيا
18. かの女は言った。「あなた(ジブリ
ール)に対して慈悲深き御方の御加護
を祈ります。もしあなたが、主を畏れ
ておられるならば(わたしに近寄らな
いで下さい)。」
18 . َقاَل ْ ت إِنِّي أَعوُذ ِبال  ر  حمَن مِنكَ إِن ُ كن َ ت
َتقِيا
48. わたしの主に御祈りすれば、恐らく48 . وَأَ  د  عو رَبي عَسَى أَلَّا أَ ُ كونَ ِبدعَاء
21
(主の)御恵みのないめにあわないで
しょう。
رَبي َ شقِيا
(20) ター・ハー章( سورة طه ( 20
25. かれは(祈って)言った。「主よ、
わたしの胸を広げて下さい。
25 . َقالَ رَ  ب ا ْ شرَ  ح لِي صَ د ِ ري
26. わたしの仕事を容易にして下さい。26 . وَيَ  سر لِي أَ  م ِ ري
27. わたしの舌の縺れをほぐして、27 . وَا  حُللْ  عقْدًَة  من لِّسَانِي
28. わたしの言葉を、かれらに分らせて
下さい。
28 . يَْفَق  هوا َق  ولِي
29. またわたしの家族の中から、援助者
を御授け下さい。
29 . وَا  جعَل لِّي وَ ِ زيرا  م  ن أَ  هلِي
30. わたしの兄弟、ハールーンを、30 . هَا  رونَ أَخِي
31. わたしに加勢し、31 . ا ْ شد  د ِبهِ أَ  ز ِ ري
32. わたしの仕事に協力するようにさせ
て下さい。
32 . وَأَشْرِكْ ه فِي أَ  م ِ ري
33. それはわたしたちが、あなたを多く
讃え、
33 . َ ك  ي ُنسَبحَكَ َ كثِي  را
34. また不断にあなたを念ずるためであ
ります。
34 . وََنذْ ُ كرَكَ َ كثِي  را
35. 本当にあなたこそ、わたしたちを見
守り下される方であります。」
35 . إِنَّكَ ُ كن َ ت ِبَنا بَصِيرا
45. かれら両人は言った。「主よ、本当
にかれが急いでわたしたちに(害を加
え)また法外のことをするのを恐れま
す。」
45 . َقاَلا رَبَنا إِنََّنا نَخَا ُ ف أَن يَفْ  ر َ ط عََليَنا أَ  و
أَن يَ ْ ط َ غى
22
73. 本当にわたしたちが主を信仰するの
は、わたしたちの誤ちの御赦しを請
い、またあなたが無理じいでした魔術
に対して、御赦しを請うためでありま
す。アッラーは至善にして永久に生き
られる方であられます。」
73 . إِنَّا آمَنَّا ِبرَبَنا لِيَغْفِرَ َلَنا َ خ َ طايَاَنا وَمَا
أَ ْ كرَ  هَتَنا عََليهِ مِنَ ال  سح ِ ر وَاللَّ  ه خَي  ر وَأَبَقى
82. だが悔悟して信仰し、善行に勤し
み、その後(正しく)導かれる者に
は、われは度々寛容を示す。」
82 . وَإِنِّي لَغَفَّا  ر لِّمَن تَابَ وَآمَنَ وَعَمِلَ
صَالِ  حا ُثم ا  هَتدَى
84. 主よ、わたしはあなたが御喜びにな
るよう急いだのです。
84 . وَعَ ِ جلْ ُ ت إَِليكَ رَ  ب لَِت  رضَى
114. 言いなさい。「主よ、わたしの知
識を深めて下さい。」
114 . وَُقل  ر  ب ِ ز  دنِي عِْل  ما
130. だからかれらの言うことを忍び、
太陽が上がる前、またそれが沈む前
に、あなたの主の栄光を讃えなさい。
なお夜の一時も、また昼の両端にも讃
えなさい。必ずあなたがたは満たされ
るであろう。
130 . َفا  صِب  ر عََلى مَا يَُقوُلونَ وَسَبح ِبحَمدِ
رَبكَ َقبلَ ُ طُلو ِ ع الشَّم ِ س وََقبلَ ُ غ  روِبهَا وَمِن
آَناء اللَّيلِ َفسَب  ح وَأَ ْ طرَا َ ف النَّهَا ِ ر َلعَلَّكَ
َت  رضَى
(21) 預言者章(アル・アンビヤーゥ) ( سورة الأنبياء( 21
22. それで玉座の主、かれらが唱えるも
のの上に(高くいます)アッラーを讃
えなさい。
22 . فَ  سبحَانَ اللَّهِ رَ  ب الْعَر ِ ش عَ  ما يَصُِفونَ
83. またアイユーブ(に英知と判断力を
授けた)。かれは主に呼びかけた。
「本当に災厄がわたしに降りかかりま
した。だがあなたは、慈悲深いうえに
も慈悲深い方であられます。」
83 . وَأَيوبَ إِ ْ ذ َنادَى رَب  ه أَنِّي مَ  سنِيَ ال  ض  ر
وَأَن َ ت أَرحَم ال  راحِمِينَ
87. 「あなたの外に神はありません。あ
なたの栄光を讃えます。本当にわたし
は不義な者でした。」
87 . لَّا إَِلهَ إِلَّا أَن َ ت  سبحَاَنكَ إِنِّي كُن ُ ت مِنَ
الظَّالِمِين
23
89. またザカリーヤーである。かれが主
に(祈って)、「主よ、最も優れた相
続者であられる御方よ。わたしを孤独
のまま放って置かないで下さい。」と
叫んだ時のことを思いなさい。
89 . وَزَ َ ك ِ ريا إِ ْ ذ َنادَى رَب  ه رَ  ب َلا َتَذ  رنِي
َف  ردا وَأَن َ ت خَي  ر اْلوَا ِ رثِينَ
112. かれは言った。「主よ、真理によ
って御裁き下さい。わたしたちの主
は、あなたがたが口に出す(冒涜)に
対する御助けを御願い出来る慈悲深い
方であられる。」
112 . َقالَ رَ  ب ا  ح ُ كم ِباْلحَقِّ وَرَبَنا الرحمَ  ن
اْل  م  سَتعَا  ن عََلى مَا تَصُِفونَ
(23) 信者たち章(アル・ムウミヌー
ン)
( سورة المؤمنون ( 23
26. かれは(祈って)言った。「主よ、
かれらはわたしを嘘付きであるといい
ます。どうか御助け下さい。」
26 . َقالَ رَ  ب ان  ص  رنِي ِبمَا كَذَّبو ِ ن
28. 言え、「悪を行なう人びとから、わ
たしたちをお救い下さったアッラーに
讃えあれ。」
28 . َفُقلِ اْلحَ  مد لِلَّهِ الَّذِي َن  جاَنا مِنَ اْلَق  وِم
الظَّالِمِينَ
29. 言え、「主よ、祝福された上陸地点
に、わたしを上陸させて下さい。本当
にあなたは最も優れた上陸を叶えられ
る方であります。」
29 . وَُقل  ر  ب أَن ِ زْلنِي  منزًَلا  مبَارَ ً كا وَأَن َ ت
خَي  ر الْ  منزِلِينَ
39. 彼は(祈って)言った。「主よ、か
れらはわたしを嘘付きであるといいま
す。どうか御助け下さい。」
39 . َقالَ رَ  ب ان  ص  رنِي ِبمَا كَذَّبو ِ ن
91. アッラーに讃えあれ。(かれは)か
れらの配するものを(超越され)、
91 .  سبحَانَ اللَّهِ عَ  ما يَصُِفونَ
92. 幽玄界と現象界を知っておられ、か
れらの配するものの上に高くおられ
る。
92 . عَالِِم اْل َ غي ِ ب وَالشَّهَادَةِ َفَتعَاَلى عَ  ما
يشْرِ ُ كونَ
24
93. 言え、「主よ、あなたがかれらに約
束したこと(懲罰)を、もしわたし
(の在世中)に示されるなら、
93 . ُقل  ر  ب إِ  ما ُت ِ ريَنِّي مَا يوعَدونَ
94. 主よ、わたしを悪を行なう民の中
に、入れないで下さい。」
94 . رَ  ب َفَلا َت  جعَْلنِي فِي اْلَق  وِم الظَّالِمِينَ
97. そして(祈って)言いなさい。「主
よ、悪魔たちの囁きに対し、あなたの
加護を願います。
97 . وَُقل  ر  ب أَعوُذ ِبكَ مِ  ن هَمَزَاتِ
الشَّيَاطِي ِ ن
98. 主よ、かれらがわたしに近付かない
よう、あなたの加護を願います。」
98 . وَأَعوُذ ِبكَ رَ  ب أَن يَح  ض  رو ِ ن
109. 『主よ、わたしたちを赦し、慈悲
を与えて下さい。あなたは最も優れた
慈悲を与える方です。』
109 . رَبَنا آمَنَّا َفا ْ غفِ  ر َلَنا وَا  رحَ  مَنا وَأَن َ ت
خَي  ر ال  راحِمِينَ
116. アッラーは、尊くて気高い、真実
の王者である。高潔な玉座の主を置い
て外には神はない。
-116 َفَتعَالَى اللَّ  ه الْمَلِ  ك الْحَقُّ َلا إَِلهَ إِلَّا  هوَ
رَ  ب الْعَر ِ ش الْكَرِيِم
118. (祈って)言うがいい。「主よ、御赦
しを与え、慈悲を与えてください。あ
なたは最も優れた慈悲を与える方であ
られます。」
118 . وَُقل  ر  ب ا ْ غفِ  ر وَا  رحَ  م وَأَن َ ت خَي  ر
ال  راحِمِينَ
(24) 御光章(アン・ヌール) ( سورة النور( 24
16. 「これはわたしたちの口にすべきこ
とではない。アッラーに讃えあれ。こ
れは大変な中傷である。」
16 .  سبحَاَنكَ هََذا بهتَا  ن عَظِيم
62. かれらのためにアッラーの御赦しを
請え。本当にアッラーは寛容にして慈
悲深くあられる。
62 . وَا  سَت ْ غفِ  ر لَ  هم اللَّهَ إِ  ن اللَّهَ غَفُو  ر رحِيم
25
(25) 識別章(アル・フルカーン) ( سورة الفرقان( 25
1. 万民への警告者とするために、かれ
のしもベに識別を下された方に祝福あ
れ。
1. تَبَارَكَ الَّذِي َن  زلَ اْلُف  رَقانَ عََلى عَبدِهِ
لِيَ ُ كونَ لِْلعَاَلمِينَ َنذِي  را
10. かれが望まれるならば、それより優
れたものを、あなたに与えることの出
来る方。川が下を流れる楽園、そして
宮殿をあなたに与える御方に祝福あ
れ。
10 . تَبَارَكَ الَّذِي إِن َ شاء جَعَلَ َلكَ َ خي  را  من
َذلِكَ جَنَّاتٍ َت  ج ِ ري مِن َت  حتِهَا اْلأَْنهَا  ر وَيَ  جعَل
لَّكَ ُق  صو  را
18. かれらは言う。「あなたに讃えあ
れ、あなたの外に守護者を崇めること
は、わたしたちに相応しくありませ
ん。だがあなたは、かれらとその祖先
に(現世での)享楽を許され、訓戒を
忘れて破滅の民となりました。」
18 . َقاُلوا  سبحَاَنكَ مَا كَانَ يَنبَغِي َلَنا أَن
نَّتَّخِذَ مِن دونِكَ مِ  ن أَولِيَاء وََلكِن  متَّ  عَت  ه  م
وَآبَاء  ه  م حَتَّى َن  سوا الذِّكْرَ وَ َ كاُنوا َق  و  ما بو  را
58. 死ぬことのない永生者を信頼して、
かれを讃えて唱念しなさい。かれは、
しもべたちの凡ての罪を完全に熟知さ
れる。
58 . وََتوَكَّلْ عََلى الْحَ  ي الَّذِي َلا يَمو ُ ت
وَسَبح ِبحَمدِهِ وَ َ كَفى ِبهِ بُِذُنو ِ ب عِبَادِهِ َ خِبي  را
61. 天に諸星座を配置し、その間に太陽
と照らす月を置かれた御方に、祝福あ
れ。
61 . تَبَارَكَ الَّذِي جَعَلَ فِي ال  سمَاء ب  روجا
وَجَعَلَ فِيهَا سِرَاجا وََقمَ  را  منِي  را
65. また、「主よ、地獄の懲罰をわたし
たちから追払って下さい。本当にあの
懲罰は、苦しみの極みです。
65 . وَالَّذِينَ يَُقوُلونَ رَبَنا ا  ص ِ ر ْ ف عَنَّا عَذَابَ
جَهَنَّمَ إِ  ن عََذابَهَا كَانَ َ غرَا  ما
66. 本当にそれは悪い住まいであり、悪
い休み所です。」と言う者である。
66 . إِنَّهَا سَاء ْ ت  م  سَتَق  را وَ  مَقا  ما
74. そして、「主よ、心の慰めとなる妻
と子孫をわたしたちに与え、主を畏れ
る者の模範にして下さい。」と(祈っ
て)言う者。
74 . وَالَّذِينَ يَُقوُلونَ رَبَنا هَ  ب َلَنا مِ  ن
أَ  زوَا ِ جَنا وَُذ  رياتَِنا ُق  رَة أَعينٍ وَا  جعَْلَنا لِْل  متَّقِينَ
إِمَاما
26
(26) 詩人たち章(アッ・シュアラー
ゥ)
( سورة الشعراء( 26
47. 言った。「私たちは万有の主を信じ
ます。
47 .َقاُلوا آمَنَّا ِبرَ  ب الْعَالَمِينَ
50. 彼らは言った。「構いません。私たち
は、自分の主の許に帰るだけですか
ら。
50 . َقاُلوا َلا ضَيرَ إِنَّا إَِلى رَبَنا  منقَلِبونَ
51. 私たちの願いは、ただ主が私たちの
数々の過ちを許され、私たちが信者た
ちの先駆けになることです。」
51 . إِنَّا نَطْمَ  ع أَن يَغْفِرَ َلَنا رَبَنا َ خ َ طايَاَنا أَن
ُ كنَّا أَ  ولَ اْل  مؤْمِنِينَ
62. かれ(ムーサー)は言った。「決し
て、決して。本当に主は私と共におら
れます。すぐにお導きがあるでしょ
う。」
62 . َقالَ َ كلَّا إِ  ن مَعِيَ رَبي سَيَ  هدِي ِ ن
78. かれは私を創られた方で、私を導かれ78 . الَّذِي َ خَلَقنِي َف  هوَ يَهدِي ِ ن
79. 私に食料を支給し、また飲料を授け
られた御方。
79 . وَالَّذِي  هوَ يطْعِ  منِي وَيَ  سقِي ِ ن
80.また病気になれば、かれはわたしを
癒して下さいます。
80 . وَإَِذا مَ ِ رض ُ ت َف  هوَ يَشْفِي ِ ن
81. わたしを死なせ、それから生き返ら
せられる御方。
81 . وَالَّذِي يمِيُتنِي ُثم ي  حيِي ِ ن
82. 審判の日には、罪過を御赦し下され
るよう、わたしが願い望む方である。
82 . وَالَّذِي أَطْمَ  ع أَن يَغْفِرَ لِي َ خطِيئَتِي يَومَ
الدي ِ ن
83. 主よ、英知をわたしに授け、正しい
者たちの仲間に入れて下さい。
83 . رَ  ب هَ  ب لِي  ح ْ ك  ما وَأَْلحِْقنِي
ِبال  صالِحِينَ
84. わたしを後々の世まで真実を伝えた
者として下さい。
84 . وَا  جعَل لِّي لِسَانَ صِدقٍ فِي الْآخِرِينَ
27
85. わたしを至福の園を継ぐ者になさ
れ、
85 . وَا  جعَْلنِي مِن وَرََثةِ جَنَّةِ النَّعِيِم
86. わたしの父を御赦し下さい。本当に
かれは迷った者の仲間ですが。
86 . وَا ْ غفِ  ر لِأَِبي إِنَّ  ه كَانَ مِنَ ال  ضالِّينَ
87. また(人びとが)復活させられる日
に、わたしの面目を失わせないで下さ
い。
87 . وََلا ُت ْ خ ِ زنِي يَومَ يبعَُثونَ
88. その日には、財宝も息子たちも、役
立ちません。
88 . يَومَ َلا يَنفَ  ع مَالٌ وََلا بَُنونَ
89. ただ汚れのない心を、アッラーに棒
げる者だけは別ですが。」
89 . إِلَّا مَ  ن أََتى اللَّهَ بَِقلْبٍ سَلِيٍم
117. かれは(祈って)言った。「主
よ、本当にわたしの民はわたしを嘘付
きであると申します。
117 . َقالَ رَ  ب إِ  ن َق  ومِي كَذَّبو ِ ن
118. それでわたしとかれらの間を、は
っきり御裁き下され、わたしと、わた
しと一緒の信者たちを救って下さ
い。」
118 . َفاْفَت  ح بَينِي وَبَيَن  ه  م َفْت  حا وََن  جنِي وَمَن
 معِي مِنَ اْل  مؤْمِنِينَ
169. 主よ、わたしとわたしの家族を、
かれらの所業から御救い下さい。」
169 . رَ  ب َن  جنِي وَأَ  هلِي مِ  ما يَ  عمَُلونَ
217. 偉力ならびなく慈悲深き御方に
(後は)御任せしなさい。
217 . وََتوَكَّلْ عََلى الْعَزِي ِ ز ال  رحِيِم
220. 本当にかれは全聴にして全知であ
られる。
220 . إِنَّ  ه  هوَ ال  سمِي  ع اْلعَلِيم
(27) 蟻章(アン・ナムル) ( سورة النمل ( 27
8. 万有の主、アッラーに讃えあれ。8. َ سبحَانَ اللَّهِ رَ  ب اْلعَاَلمِينَ
28
15.「信心深い数多いしもべの中から、
私たちを選ばれた方、アッラーを讃え
ます。
15 . وََقاَلا اْلحَ  مد لِلَّهِ الَّذِي َف  ضَلَنا عََلى َ كثِي ٍ ر
 م  ن عِبَادِهِ اْل  مؤْمِنِينَ
19.(祈って)言った。「主よ、わたし
と両親に与えられたあなたの恩恵に感
謝し、あなたの御喜びに与かる善行に
励むようわたしを励まし、またあなた
の慈悲で、わたしを正しいしもベの中
に入らせて下さい。」
19 . وََقالَ رَ  ب أَ  و ِ ز  عنِي أَ  ن أَشْ ُ كرَ نِعمََتكَ
الَّتِي أَْنعَ  م َ ت عَلَ  ي وَعََلى وَالِدَ  ي وَأَ  ن أَعمَلَ
صَالِ  حا تَرضَاه وَأَدخِْلنِي ِبرَحمَتِكَ فِي عِبَادِكَ
ال  صالِحِينَ
59. 言ってやるがいい。「アッラーに讃
えあれ。かれが選ばれるしもべたちの
上に平安あれ。アッラーが好ましい
か、またはかれらが(かれに)配する
神々か。
59 . ُقلِ اْلحَ  مد لِلَّهِ وَسََلام عََلى عِبَادِهِ الَّذِينَ
ا  ص َ طَفى
62. 苦難の際に祈る時、誰がそれに答え
て災難を除き、あなたがたを地上の後
継者とするのか。アッラーと共に(そ
れが出来る外の)神があろうか。だが
あなたがたは、少しも留意することが
ない。
62 . أَ  من يجِي  ب اْل  م  ض َ ط  ر إَِذا دَعَاه وَيَكْشِ ُ ف
ال  سوءَ وَيَجعَُل ُ كم ُ خَلَفاء اْلأَ  ر ِ ض أَإَِل ه  معَ اللَّهِ
َقلِيًلا  ما تَذَكَّ  رونَ
79. そこであなたは(凡て)アッラーに
御任せしなさい。本当にあなたは、明白
な真理の(道の)上にいるのである。
79 . َفَتوَكَّلْ عََلى اللَّهِ إِنَّكَ عََلى الْحَقِّ
اْل  مِبي ِ ن
93. また言ってやるがいい。「アッラー
を讃えよ。かれは間もなく数々の印を
示される。そしてあなたがたも、それ
を知ることになろう。主はあなたがた
の行なうことを、疎かになされな
い。」
93 . وَُقلِ اْلحَ  مد لِلَّهِ سَي ِ ري ُ ك  م آيَاتِهِ َفَتعرُِفونَهَا
وَمَا رَبكَ بِغَافِلٍ عَ  ما تَعمَُلونَ
(28) 物語章(アル・カサス) ( سورة القصص ( 28
16. かれは(祈って)言った。「主よ、
本当にわたしは自ら不義を犯しまし
16 . َقالَ رَ  ب إِنِّي َ ظَلم ُ ت َنْفسِي َفا ْ غفِ  ر لِي
29
た。どうかわたしを御赦し下さい。」
それで(アッラーは)かれを赦され
た。本当にかれは覚容にして慈悲深く
あられる。
َف َ غَفرَ لَ  ه إِنَّ  ه  هوَ الْغَُفو  ر ال  رحِيم
17. かれは申し上げた。「主よ、あなた
はわたしに恩恵を与えて下さいまし
た。だからわたしは、もう決して罪を
犯す者たちの味方にはなりません。」
17 . َقالَ رَ  ب ِبمَا أَْنعَ  م َ ت عَلَ  ي َفَلن أَ ُ كونَ
َ ظ ِ هي  را لِّْل  م  ج ِ رمِينَ
21.「不義の民からわたしを御救い下さ
い。」
21 . َقالَ رَ  ب َن  جنِي مِنَ اْلَق  وِم الظَّالِمِينَ
22.「主は、わたしを平和な正しい道に
御導き下さるかもしれません。」
22 . َقالَ عَسَى رَبي أَن يَ  هدِيَنِي سَوَاء
ال  سِبيلِ
24.「主よ、あなたがわたしに御授けに
なる何か善いものが欲しいのです。」
24 . َفَقالَ رَ  ب إِنِّي لِمَا أَنزَلْ َ ت إِلَ  ي مِ  ن َ خيرٍ
فَقِي  ر
68. アッラーに讃えあれ。かれは、かれ
らが(主に)配するもの(偶像神た
ち)の上に高くおられる。
68 .  سبحَانَ اللَّهِ وََتعَاَلى عَ  ما يشْرِكُونَ
70. かれこそはアッラー、かれの外に神
はない。現世と来世における讃美はか
れにこそ属し、かれに(現世と来世に
おける)命令は属し、またかれにあな
たがたは帰されるのである。
70 . وَ  هوَ اللَّ  ه َلا إَِلهَ إِلَّا  هوَ لَ  ه اْلحَ  مد فِي
اْلأُوَلى وَالْآخِرَةِ وَلَ  ه الْ  حكْم وَإَِليهِ ُترجَ  عونَ
(29) 蜘蛛章(アル・アンカブート) ( سورة العنكبوت ( 29
30. かれは(祈って)言った。「主よ、
不義を行なう民からわたしを御助け下
さい。」
30 . َقالَ رَ  ب ان  ص  رنِي عََلى اْلَق  وِم الْ  مفْسِدِينَ
30
(30) ビザンチン章(アッ・ローム) ( سورة الروم ( 30
17. それで、夕暮にまた暁に、アッラー
を讃えなさい。
17 . فَ  سبحَانَ اللَّهِ حِينَ ُتم  سونَ وَحِينَ
ُتصبِ  حونَ
18. 天においても地にあっても、栄光は
かれに属する。午后遅くに、また日の
傾き初めに( アッラーを讃えなさ
い)。
18 . وَلَ  ه اْلحَ  مد فِي ال  سمَاوَاتِ وَاْلأَ  ر ِ ض
وَعَشِيا وَحِينَ ُتظْهِ  رونَ
(33) 部族連合章(アル・アハザーブ) ( سورة الأحزاب ( 33
3. アッラーに凡てを託しなさい。本当
にアッラーは、管理者として万全であ
られる。
3. وََتوَكَّلْ عََلى اللَّهِ وَ َ كَفى ِباللَّهِ وَكِيًلا
41. あなたがた信者よ、アッラーをつね
に唱念〔ズィクル〕しなさい。
41 . يَا أَيهَا الَّذِينَ آمَُنوا ا ْ ذ ُ ك  روا اللَّهَ ذِ ْ ك  را
َ كثِي  را
42. 朝な夕な、かれの栄光を讃えなさ
い。
42 . وَسَبحوه بكْرًَة وَأَصِيًلا
48. ひたすらアッラーに(全てを)託し
なさい。アッラーは、(凡ての事の)
管理者として万全であられる。
48 . وََتوَكَّلْ عََلى اللَّهِ وَ َ كَفى ِباللَّهِ وَكِيلًا
56. 本当にアッラーと天使たちは、預言
者を祝福する。信仰する者たちよ、あ
なたがたはかれを祝福し、(最大の)
敬意を払って挨拶しなさい。
56 . إِ  ن اللَّهَ وَمَلَائِ َ كَت  ه يصَلُّونَ عََلى النَّبِ  ي
يَا أَيهَا الَّذِينَ آمَُنوا صَلُّوا عََليهِ وَسَلِّ  موا
َت  سلِي  ما
(34) サバア章( سورة سبأ ( 34
1. 天にあり地にある凡てのものを所有
なされるアッラーに讃えあれ。来世に
1. اْلحَ  مد لِلَّهِ الَّذِي لَ  ه مَا فِي ال  سمَاوَاتِ وَمَا
فِي اْلأَ  ر ِ ض وَلَ  ه اْلحَ  مد فِي الْآخِرَةِ وَ  هوَ
31
おいても、称讃はかれのものである。
かれは英明にして凡てに通じておられ
る。
الْحَكِيم الْخَبِي  ر
(35) 創造者章(ファーティル) ( سورة فاطر ( 35
1. アッラーに讃えあれ。天と地の創造
者であられ、 2 対、3 対または4 対の翼
を持つ天使たちを、使徒として命命な
される。かれは御心のまま数を増して
創造される。本当にアッラーは凡ての
ことに全能であられる。
1. الْحَمد لِلَّهِ فَاطِ ِ ر ال  سمَاوَاتِ وَاْلأَ  ر ِ ض
جَاعِلِ الْمَلَائِ َ كةِ  ر  سًلا أُولِي أَجنِحَةٍ  مْثَنى
وَُثَلا َ ث وَ  ربَاعَ يَزِيد فِي اْل َ خْلقِ مَا يَ َ شاء إِ  ن
اللَّهَ عََلى ُ كلِّ َ شيءٍ قَدِي  ر
34. かれらは言う。「アッラーを讃えま
す。わたしたちから(凡て)の苦悩を
取り除いて下された御方。わたしたち
の主は、度々赦される御方、(奉仕
を)十分に認められる御方です。
34 . وََقاُلوا اْلحَ  مد لِلَّهِ الَّذِي أَذْهَبَ عَنَّا
الْحَزَنَ إِ  ن رَبَنا لَغَفُو  ر شَكُو  ر
(38) サード章( سورة ص ( 38
24. 主の御赦しを請い、礼拝にひれ伏
し、悔悟して主の御許に帰った。
24 . فَاسَتغَْفرَ رَب  ه وَخَ  ر رَاكِ  عا وَأََنابَ
35. 言った。「主よ、わたしを御赦し下
さい。そして後世の誰も持ち得ない程
の王国をわたしに御与え下さい。本当
にあなたは豊かに与えられる方で
す。」
35 . َقالَ رَ  ب ا ْ غفِ  ر لِي وَهَب لِي  مْل ً كا لَّا
يَنبَغِي لِأَحَدٍ  م  ن بَ  عدِي إِنَّكَ أَن َ ت اْلوَ  ها  ب
41. わがしもべ、アイユーブを思い起し
なさい。かれが主に向かって、「シャ
イターンがわたしを悩ませ、苦しみ抜
いているのです。」と叫んだ時を思い
起しなさい。
41 . وَا ْ ذ ُ ك  ر عَبدََنا أَيوبَ إِ ْ ذ َنادَى رَب  ه أَنِّي
مَ  سنِيَ الشَّي َ طا  ن ِبُنص ٍ ب وَعَذَا ٍ ب
32
(39) 集団章(アッ・ズマル) ( سورة الزمر ( 39
4. かれに讃えあれ。かれはアッラー、
唯一にして(万有の)征服者である。
4. سبحَانَ  ه  هوَ اللَّ  ه الْوَاحِد اْلَق  ها  ر
38. 言ってやるがいい。「わたしは、ア
ッラーがいれば万全である。きちんと
信頼しようとする者は、かれを信頼す
る。」
38 . ُقلْ حَسِبيَ اللَّ  ه عََليهِ يََتوَكَّلُ اْل  مَتوَكُِّلونَ
(40) ガーフィル章( سورة غافر ( 40
7.「主よ、あなたの慈悲と知識は、凡て
のものの上にあまねく及びます。悔悟
してあなたの道を踏む者たちを赦さ
れ、かれらを炎の懲罰から御守り下さ
い。
7. رَبَنا وَسِع َ ت ُ كلَّ َ شيءٍ  رحمَ ً ة وَعِْل  ما
َفا ْ غفِ  ر لِلَّذِينَ َتابوا وَاتَّبَ  عوا سَِبيَلكَ وَقِ ِ هم
عَذَابَ اْلجَحِيِم
8. 主よ、あなたがかれらに御約束なさ
れたアドン(エデン)の園に、かれら
を入れて下さい。またかれらの祖先、
配偶者と子孫の中の正しい者を。本当
にあなたは、偉力ならびなく英明であ
られます。
8. رَبَنا وَأَ  دخِْل  ه  م جَنَّاتِ عَد ٍ ن الَّتِي وَعَدتَّ  هم
وَمَن صََلحَ مِ  ن آبَائِ ِ هم وَأَزوَا ِ ج ِ هم وَُذ  رياتِ ِ هم
إِنَّكَ أَن َ ت الْعَزِي  ز الْحَكِيم
9. かれらを悪から御守り下さい。その
日、あなたが諸悪から御守り下された
者は、本当に慈悲に浴した者であり、
それこそ、偉大な成就です。」
9. وَقِ ِ هم ال  سيئَاتِ وَمَن َتقِ ال  سيئَاتِ يَومَئِذٍ
َفَقد رَحِمَت  ه وََذلِكَ  هوَ اْلَف  و  ز اْلعَظِيم
14. それであなた方はアッラーに誠意を
尽して託し、かれに祈願しなさい。た
とえ不信者たちが忌み嫌っても。
14 . َفا  د  عوا اللَّهَ  مخْلِصِينَ لَ  ه الدينَ وََل  و
َ كرِهَ الْ َ كافِ  رونَ
27.「本当にわたしは、清算の日を信じ
ない凡ての高慢な者に対して、わが
主、また、あなたがたの主(の守護)
を、祈るのです。」
27 . إِنِّي  عذْتُ ِبرَبي وَرَب ُ كم  من ُ كلِّ  مَت َ كبرٍ
لَّا يؤْمِ  ن ِبيَوِم اْلحِسَا ِ ب
33
44. わたし(自身)のことはアッラーに
委ねています。アッラーはしもべたち
を見守られます。」
44 . وَأُفَو  ض أَ  م ِ ري إَِلى اللَّهِ إِ  ن اللَّهَ بَصِي  ر
ِباْلعِبَادِ
55. だから耐え忍べ。本当にアッラーの
約束は真実である。あなたは過誤の赦
しを請い願い、朝夕、主を讃えて唱念
しなさい。
55 . َفا  صِب  ر إِ  ن وَعدَ اللَّهِ حَقٌّ وَا  سَت ْ غفِ  ر
لِذَنِبكَ وَسَبح ِبحَمدِ رَبكَ بِالْعَشِ  ي وَاْلإِب َ كا ِ ر
56. だからあなたがたはアッラーの加護
を請いなさい。本当にかれは全聴にし
て凡てを見透される御方である。
56 . َفا  سَتعِ ْ ذ ِباللَّهِ إِنَّ  ه  هوَ ال  سمِي  ع اْلبَصِي  ر
60. それであなたがたの主は、仰せられ
る。「われに祈れ。われはあなたがた
に答えるであろう。
60 . وََقالَ رَب ُ كم ا  د  عونِي أَ  سَت ِ ج  ب َل ُ ك  م
64. 万有の主アッラーに讃えあれ。64 . تََبَارَكَ اللَّ  ه رَ  ب اْلعَاَلمِينَ
65. かれは永生であられ、かれの外に神
はない。だからかれに祈り、信心の誠
を尽してかれに傾倒せよ。万有の主ア
ッラーに讃えあれ。
65 .  هوَ الْحَ  ي َلا إَِلهَ إِلَّا  هوَ فَادعوه
 مخْلِصِينَ لَ  ه الدينَ اْلحَ  مد لِلَّهِ رَ  ب اْلعَاَلمِينَ
(41) フッスィラ章( سورة فصلت ( 41
36. それからもし、悪魔の扇動が、あな
たを唆かしたならば(どんな場合で
も)アッラーの御加護を祈れ。本当に
かれは全聴にして全知であられる。
36 . وَإِ  ما يَنزَ َ غنَّكَ مِنَ الشَّي َ طا ِ ن نَز ٌ غ َفا  سَتعِ ْ ذ
ِباللَّهِ إِنَّ  ه  هوَ ال  سمِي  ع اْلعَلِيم
(42) 相談章(アッ・シューラー) ( سورة الشورى ( 42
10. かれに、わたしは御すがりし、かれ
にわたしは悔悟して帰る。
10 . عََليهِ تَوَكَّلْ ُ ت وَإَِليهِ أُنِي  ب
34
(43)金の装飾章(アッ・ズフルフ) ( سورة الزخرف ( 43
13.「を讃えます。これらのものをわた
したちに服従させる御方。これはわた
したちには叶わなかったことです。
13 .  سبحانَ الَّذِي سَخَّرَ َلَنا هََذا وَمَا ُ كنَّا لَ  ه
 مْق ِ رنِينَ
14. 本当にわたしたちは、主に必ず帰る
のです。」
14 . وَإِنَّا إَِلى رَبَنا َل  منقَلِبونَ
27. わたしを御創りになり、わたしを必
ず御導き下される方にだけ(仕えま
す。)」
27 . إِلَّا الَّذِي َف َ طرَنِي فَإِنَّ  ه سَيَ  هدِي ِ ن
82. 天と地の主、(大権の)玉座の主、
かれらの配するものを(超絶なされ
る)主に讃えあれ。」
82 .  سبحَانَ رَ  ب ال  سمَاوَاتِ وَاْلأَ  ر ِ ض رَ  ب
الْعَر ِ ش عَ  ما يَصُِفونَ
85. 天と地の大権、そしてその間の凡て
のものが帰属する方、かれに祝福があ
るように。またかれの御許にだけ(審
判の)時の知識はあり、われの御許に
あなたがたは帰されるのである。
85 . وَتَبَارَكَ الَّذِي لَ  ه  ملْ  ك ال  سمَاوَاتِ
وَاْلأَ  ر ِ ض وَمَا بَيَن  همَا وَعِندَه عِلْم ال  ساعَةِ
وَإَِليهِ ُترجَ  عونَ
(44) 煙霧章(アッ・ドハーン) ( سورة الدخان ( 44
12. 「主よ、わたしたちからこの懲罰を
免じて下さい。本当に信仰いたしま
す。」
12 . رَبَنا ا ْ كشِ ْ ف عَنَّا اْلعََذابَ إِنَّا  مؤْمُِنونَ
20. あなたがたが(わたしを)石撃ちに
するなら、わたしそしてあなたがたの
主でもある御方に、救いを求めます。
20 . وَإِنِّي  عذْتُ ِبرَبي وَرَب ُ كم أَن تَر  ج  مو ِ ن
(45) 跪く時章(アル・ジャーシヤ) ( سورة الجاثية( 45
36. 諸天の主、大地の主。万有の主、ア
ッラーにこそ凡ての称讃あれ。
36 . َفلِلَّهِ اْلحَ  مد رَ  ب ال  سمَاوَاتِ وَرَ  ب
اْلأَ  ر ِ ض رَ  ب اْلعَاَلمِينَ
35
(46) 砂丘章(アル・アハカーフ) ( سورة الأحقاف ( 46
15.「主よ、わたしと両親に対して、あ
なたが御恵み下された恩恵に感謝させ
て下さい。またあなたの御喜びにあず
かるよう、わたしが、善行に勤しむよ
うにして下さい。また子孫も、幸福に
して下さい。わたしは悔悟してあなた
の御許に帰ります。本当にわたしは、
服従、帰依する者です。」
15 . َقالَ رَ  ب أَ  و ِ ز  عنِي أَ  ن أَشْ ُ كرَ نِ  عمََتكَ
الَّتِي أَْنعَ  م َ ت عَلَ  ي وَعََلى وَالِدَ  ي وَأَ  ن أَعمَلَ
صَالِ  حا تَرضَاه وَأَ  صلِ  ح لِي فِي ُذ  ريتِي إِنِّي
ُتب ُ ت إَِليكَ وَإِنِّي مِنَ اْل  م  سلِمِينَ
(47) ムハマンド章( سورة محمد ( 47
19. だから知れ。アッラーの外に神はな
いことを。そしてあなたの罪過に対し
御赦しを請え。また信仰する男たち、
信仰する女たちのためにも御赦しを請
え。本当にアッラーは、あなたがたの
働き振りも、休み方も(凡て)知って
おられる。
19 . َفا  عَل  م أَنَّ  ه َلا إَِلهَ إِلَّا اللَّ  ه وَا  سَت ْ غفِ  ر لِذَنِبكَ
وَلِْل  مؤْمِنِينَ وَاْل  مؤْمَِناتِ وَاللَّ  ه يَعلَم  مَتَقلَّبَ ُ كم
وَمَْثوَا ُ ك  م
(50) カーフ章( سورة ق ( 50
39. それであなたはかれらの言うことを
忍び、主の栄光を誉め讃えなさい。太
陽が昇る前と沈む前に。
39 . َفا  صِب  ر عََلى مَا يَُقوُلونَ وَسَبح ِبحَمدِ
رَبكَ َقبلَ ُ طُلو ِ ع الشَّم ِ س وََقبلَ الْ ُ غ  رو ِ ب
40. また夜も、かれを讃えて唱念しなさ
い、また礼拝の終りにも。
40 . وَمِنَ اللَّيلِ فَسَبح ه وَأَ  دبَارَ ال  س  جودِ
(51) 撒き散らすもの章(アッ・ザー
リヤート) ) سورة الذاريات (51
18. また黎明には、御赦しを祈ってい
た。
18 . وَِباْلأَ  سحَا ِ ر  ه  م يَستَغْفِ  رونَ
36
50. 「それであなたがたは、アッラーの
庇護の下に赴け。本当にわたしはかれ
からあなたがたに遣わされた公明な警
告者である。
50 . َففِ  روا إَِلى اللَّهِ إِنِّي َل ُ كم منْ ه نَذِي  ر  مِبي  ن
(52) 山章(アッ・トール) ( سورة الطور ( 52
43. アッラーに讃えあれ、かれは配するも
の(邪神)の上にいと高くおられる。
43 .  سبحَانَ اللَّهِ عَ  ما يشْرِ ُ كونَ
48. それで主の裁きを耐え忍んで待て。
本当にわれはあなたがたを見守ってい
る。そしてあなたが立ち上がる時は、
主を讃えなさい。
48 . وَا  صِب  ر لِ  حكِْم رَبكَ َفإِنَّكَ ِبأَ  عينَِنا وَسَبح
ِبحَمدِ رَبكَ حِينَ تَُقوم
49. 夜中に、また星々が退く時にも、か
れを讃えなさい。
49 . وَمِنَ اللَّيلِ فَسَبح ه وَإِ  دبَارَ النُّ  جوِم
(54) 月章(アル・カマル) ( سورة القمر ( 54
10. それでかれは主に、「わたしは、本
当に力尽きました。どうか御助け下さ
い。」と祈った。
10 . َفدَعَا رَب  ه أَنِّي مَغُْلو  ب َفانَتصِ  ر
(55) 慈悲あまねく御方章(アッ・ラ
ハマーン)
( سورة الرحمن ( 55
78. 尊厳と栄誉に満ちた御方、あなたの
主の御名に祝福あれ。
78 . تَبَارَكَ اسم رَبكَ ذِي اْلجََلالِ وَاْلإِ ْ كرَاِم
(56) 出来事章(アル・ワーキア) ( سورة الواقعة ( 56
74. だから偉大であられるあなたの主の
御名を讃えなさい。
74 . َفسَب  ح بِاسِم رَبكَ الْعَظِيِم
37
96. だから偉大であられるあなたの主の
御名を讃えなさい。
96 . َفسَب  ح بِاسِم رَبكَ اْلعَظِيِم
(57) 鉄章(アル・ハディード) ( سورة الحديد ( 57
16. (本当に)信仰するならば、アッラ
ーの教訓に、また、啓示された真理
に、心を虚しくして順奉する時がまだ
やって来ないのか。以前に啓典を授っ
ていながら、(寛容の時が)延ばされ
て、心が頑固になった者のようであっ
てはならないのではないか。かれらの
多くはアッラーの掟に背く者たちであ
る。
16 . أََلم يَأْ ِ ن لِلَّذِينَ آمَُنوا أَن َتخْ َ شعَ ُقُلوب  هم
لِذِكْ ِ ر اللَّهِ وَمَا َنزَلَ مِنَ الْحَقِّ وََلا يَ ُ كوُنوا
َ كالَّذِينَ أُوُتوا اْلكَِتابَ مِن قَبلُ َف َ طالَ عََليهِم
الْأَمَد َفَقسَتْ ُقُلوب  هم وَكَثِي  ر  مْن  ه  م َفاسُِقونَ
21. あなたがたは主からの寛容(を請う
ため)に、相競って努力しなさい。そ
れは天地の広さ程の広大な楽園で、ア
ッラーと使徒を信じる者のために準備
されている。これはアッラーの恩恵で
御心に叶う者にそれを授ける。本当に
アッラーは、偉大な恩恵の主であられ
る。
21 . سَاِبُقوا إَِلى مَغْفِرَةٍ  من  رب ُ كم وَجَنَّةٍ
عَ  ر  ضهَا َ كعَرضِ ال  سمَاء وَاْلأَ  ر ِ ض أُعِد ْ ت
لِلَّذِينَ آمَُنوا ِباللَّهِ وَ  ر  سلِهِ َذلِكَ فَضلُ اللَّهِ
يؤْتِيهِ مَن يَ َ شاء وَاللَّ  ه ُذو اْلَف  ضلِ اْلعَظِيِم
(58) 抗弁する女章(アル・ムジャー
ダラ)
( سورة المجادلة ( 58
10. それで信者たちに、アッラーを信じ
させなさい。
10 . وَعََلى اللَّهِ َفلْيََتوَكَّلِ اْل  مؤْمُِنونَ
(59) 集合章(アル・ハシュル) ( سورة الحشر ( 59
10.「主よ、わたしたちと、わたしたち
以前に信仰に入った兄弟たちを、御赦
し下さい。信仰している者に対する恨
み心を、わたしたちの胸の中に持たせ
ないで下さい。主よ、本当にあなた
10 . رَبَنا ا ْ غفِ  ر َلَنا وَلِإِخْوَانِنَا الَّذِينَ سَبَُقونَا
ِباْلإِيمَا ِ ن وََلا َت  جعَلْ فِي ُقُلوِبَنا غِلًّا لِّلَّذِينَ آمَُنوا
رَبَنا إِنَّكَ رَؤُو ٌ ف  رحِيم
38
は、親切で慈悲深くあられます。」
23. かれこそは、アッラーであられる。
かれの外に神はないのである。至高の
王者、神聖にして平安の源であり、信
仰を管理し、安全を守護なされ、偉力
ならびなく全能で、限りなく尊い方で
あられる。アッラーに讃えあれ。(か
れは)人が配するものの上に(高くお
られる)。
23 .  هوَ اللَّ  ه الَّذِي َلا إَِلهَ إِلَّا  هوَ الْمَلِ  ك
الُْقدو  س ال  سَلام الْ  مؤْمِ  ن الْ  مهَيمِ  ن الْعَزِي  ز
اْلجَبا  ر الْ  مَت َ كب  ر  سبحَانَ اللَّهِ عَ  ما يشْ ِ ر ُ كونَ
24. かれこそは、アッラーであられる。
造物の主、造化の主、形態を授ける
(主であり)、最も美しい御名はかれ
の有である。天地の凡てのものは、か
れを讃える。本当にかれは偉力ならび
なく英明であられる。
24 .  هوَ اللَّ  ه اْل َ خالِ ُ ق اْلبَا ِ رئُ الْ مصَو  ر لَ  ه
اْلأَ  سمَاء اْل  ح  سَنى يسَب  ح لَ  ه مَا فِي ال  سمَاوَاتِ
وَاْلأَ  ر ِ ض وَ  هوَ الْعَزِي  ز اْلحَكِيم
(60) 試問される女章(アル・ムンタ
ヒナ)
( سورة الممتحنة ( 60
4.「主よ、わたしはあなたに御縋り申
し、あなたにだけ悔悟します。わたし
たちの行き着く所はあなたの御許ばか
りです。
4.  ربَنا عََليكَ َتوَكَّْلَنا وَإَِليكَ أََنبَنا وَإَِليكَ
الْمَصِي  ر
5. 主よ、わたしたちを不信心者の試練
に陥し入れないで下さい。主よ、わた
したちを御赦し下さい。本当にあなた
は、偉力ならびなく英明であられま
す。」
5. رَبَنا َلا َت  جعَْلَنا فِتَْنةً لِّلَّذِينَ َ كَف  روا وَا ْ غفِ  ر
َلَنا رَبَنا إِنَّكَ أَن َ ت الْعَزِي  ز الْحَكِيم
(64) 騙し合い章(アッ・タガーブ
ン) ) سورة التغابن (64
13. アッラー、かれの外に神はないので
ある。それで信者はアッラーに全幅の
信頼を寄せなさい。
13 . اللَّ  ه َلا إَِلهَ إِلَّا  هوَ وَعََلى اللَّهِ َفلْيََتوَكَّلِ
اْل  مؤْمُِنونَ
39
(66) 禁止章(アッ・タハリーム) ( سورة التحريم ( 66
8.「主よ、わたしたちのために、光を完
全になされ、わたしたちを御赦し下さ
い。あなたは凡てのことに全能であら
れます。」
8. رَبَنا أَْتمِ  م َلَنا ُنورََنا وَا ْ غفِ  ر َلَنا إِنَّكَ عََلى
ُ كلِّ َ شيءٍ قَدِي  ر
11.「主よ、楽園の中のあなたの御側
に、わたしのための家を御建て下さ
い。そしてフィルアウンとその行ない
からわたしを救い、不義を行なう者か
らわたしを御救い下さい。」
11 . رَ  ب اب ِ ن لِي عِندَكَ بَيًتا فِي الْجَنَّةِ
وََن  جنِي مِن فِرعَونَ وَعَمَلِهِ وََن  جنِي مِنَ اْلَق  وِم
الظَّالِمِينَ
(67) 大権章(アル・ムルク) ( سورة الملك ( 67
1. 大権を掌握なされる方に祝福あれ。
本当にかれは凡てのことに全能であら
れる。
1. تَبَارَكَ الَّذِي ِبيَدِهِ الْ  ملْ  ك وَ  هوَ عََلى ُ كلِّ
َ شيءٍ قَدِي  ر
29. 言ってやるがいい。「かれは慈悲あ
まねく御方であられ、わたしたちはか
れを信仰し、かれに(全てを)託す。
やがてあなたがたは、明らかな過誤の
中にいる者が誰であるのかを知るであ
ろう。」
29 . ُقلْ  هوَ الرحمَ  ن آمَنَّا ِبهِ وَعََليهِ َتوَكَّْلَنا
َفسََتعَل  مونَ مَ  ن  هوَ فِي ضََلالٍ  مِبي ٍ ن
(68) 筆章(アル・カラム) ( سورة القلم ( 68
29. かれらは、「わたしたちの主を讃え
る。本当にわたしたちは不義でありま
した。」と言った。
29 . َقاُلوا  سبحَانَ رَبَنا إِنَّا ُ كنَّا َ ظالِمِينَ
32. 主はこれに代る更に良い(果樹園)
を与えられるかもしれない。本当にわ
たしたちは、(悔悟して)主に嘆願し
ます。」
32 . عَسَى رَبَنا أَن يبدَِلَنا َ خي  را  مْنهَا إِنَّا إَِلى
رَبَنا رَاغِبونَ
40
(69) 真実章(アル・ハーッカ) ( سورة الحاقة ( 69
52. だから至大なる御方、あなたの主の
御名を讃えなさい。
52 . َفسَب  ح بِاسِم رَبكَ اْلعَظِيِم
(71) ヌーフ章( سورة نوح ( 71
10. わたしは言いました。『あなたがた
の主の御赦しを願え。本当にかれは、
度々御赦しなされる。
10 .فَُقلْ ُ ت ا  سَت ْ غفِ  روا رَب ُ ك  م إِنَّ  ه كَانَ َ غفَّا  را
11. かれは、あなたがたの上に豊かに雨
を降らせられ、
11 .يرسِلِ ال  سمَاء عََلي ُ كم  م  درَا  را
12. あなたがたの財産や子女を増やし、
またあなたがたのために、様々な園や
(水の流れる)河川を設けられる。
12 وَي  مدِ  د ُ ك  م ِبأَ  موَالٍ وَبَنِينَ وَيَ  جعَل لَّ ُ ك  م
جَنَّاتٍ وَيَ  جعَل لَّ ُ ك  م أَْنهَا  را
28. 主よ、わたしとわたしの両親を御赦
し下さい。また信者としてわたしの家
に入る者、また(凡ての)信仰する男
と信仰する女たちを御赦し下さい。そ
して不義を行なう者たちには、滅亡の
外には(何も)加えないで下さい。」
28 . رَ  ب ا ْ غفِ  ر لِي وَلِوَالِدَ  ي وَلِمَن دَ َ خلَ
بَيتِيَ  مؤْمًِنا وَلِْل  مؤْمِنِينَ وَاْل  مؤْمَِناتِ وََلا َتزِدِ
الظَّالِمِينَ إِلَّا َتبَا  را
(73) 衣を纏う者章(アル・ムッザン
ミル)
( سورة المزمل ( 73
9. 東と西の主であられ、かれの外に神
はないのである。それでかれを、御す
がりすべき方として仰ぎなさい。
9. رَ  ب الْمَشْ ِ رقِ وَالْمَغْ ِ ر ِ ب َلا إَِلهَ إِلَّا  هوَ
فَاتَّخِذْه وَكِيًلا
20. あなたがたはアッラーの御赦しを請
い求めるがいい。本当にアッラーは寛
容にして慈悲深くあられる。
20 وَا  سَت ْ غفِ  روا اللَّهَ إِ  ن اللَّهَ غَفُو  ر رحِيم
41
(74) 包る者章(アル・ムッダッスィ
ル) ) سورة المدثر (74
3. あなたの主を讃えなさい。 3. وَرَبكَ َف َ كبر
(76) 人間章(アル・インサーン) ( سورة الإنسان ( 76
10. わたしたちは、主の苦渋に満ちた御
怒りの日を恐れます」。
10 . إِنَّا نَخَا ُ ف مِن  ربنَا يَ  و  ما عَبو  سا
َقم َ طرِي  را
25. 朝な夕な、あなたの主の御名を唱念
しなさい。
25 وَاذْ ُ ك ِ ر اسمَ رَبكَ بكْرًَة وَأَصِيًلا
26. そして夜の一部をかれにサジダし、
長夜のしじまに、かれを讃えなさい。
26 . وَمِنَ اللَّيلِ َفا  س  ج  د لَ  ه وَسَبح ه َليًلا َ ط ِ ويًلا
(87) 至高者章(アル・アアラー) ( سورة الأعلى ( 87
1. 至高の御方、あなたの主の御名を讃
えなさい。
1. سَب ِ ح اسمَ رَبكَ اْلأَ  عَلى
14. だが自ら清めた者は必ず栄え14 . َق  د أَفَْلحَ مَن َتزَكَّى
15. かれの主の御名を唱念し、礼拝を守
る。
15 . وََذ َ كرَ اسمَ رَبهِ َفصَلَّى
(94) 胸を広げる章(アッ・シャルフ) ( سورة الشرح ( 94
5. 本当に困難と共に、安楽はあり5. فَإِ  ن مَعَ اْل  ع  س ِ ر ي  س  را
6. 本当に困難と共に、安楽はある。6. إِ  ن مَعَ اْل  ع  س ِ ر ي  س  را
7. それで(当面の務めから)楽になっ
たら、更に労苦して
7. َفإَِذا َفرَغْ َ ت َفانصَ  ب
42
8. (只一筋に)あなたの主に傾倒するが
いい。
8. وَإَِلى رَبكَ َفا  ر َ غ  ب
(110) 援助章(アン・ナスル) ( سورة النصر ( 110
3. あなたの主の栄光を誉め称え、また
御赦しを請え。本当にかれは、度々赦
される御方である。
3. َفسَب  ح ِبحَمدِ رَبكَ وَا  سَت ْ غفِ  ره إِنَّ  ه كَانَ
َت  وابا
(112) 純正章(アル・イフラース) ( سورة الإخلاص ( 112
1. 言え、「かれはアッラー、唯一なる
御方であられる。
1. ُقلْ  هوَ اللَّ  ه أَحَد
2. アッラーは、自存され2. اللَّ  ه الصمَد
3. 御産みなさらないし、御産れになら
れたのではない
3. َل  م يَلِد وََل  م يوَل  د
4. かれに比べ得る、何ものもない。」4. وََل  م يَ ُ كن لَّ  ه ُ كُف  وا أَحَد
(113) 黎明章(アル・ファラク) ( سورة الفلق ( 113
1. 言え、黎明の主にご加護を乞い願う。1. ُقلْ أَعوُذ ِبرَ  ب الَْفَلقِ
2. かれが創られるものの悪(災難)から2. مِن شَ  ر مَا َ خَل َ ق
3. 深まる夜の闇の悪(危害)から3. وَمِن شَ  ر َ غاسِقٍ إَِذا وََقبَ
4. 結び目に息を吹きかける(妖術使い
の)女たちの悪から
4. وَمِن شَ  ر النَّفَّاثَاتِ فِي الْ  عَقدِ
5. また、嫉妬する者の嫉妬の悪(災
厄)から。」
5. وَمِن شَ  ر حَاسِدٍ إَِذا حَسَدَ
43
(114) 人々章(アン・ナース) ( سورة الناس ( 114
1. 言え、「ご加護を乞い願う、人間の

1. ُقلْ أَعوُذ ِبرَ  ب النَّا ِ س
2. 人間の王2. مَلِكِ النَّا ِ س
3. 人間の神に。3. إَِلهِ النَّا ِ س
4. こっそりと忍び込み、囁く者の悪か
ら。
4. مِن شَ  ر اْلوَ  سوَا ِ س الْخَنَّا ِ س
5. それが人間の胸に囁きかける5. الَّذِي يوَس ِ و  س فِي  صدو ِ ر النَّا ِ س
6. ジン(幽精)であろうと、人間であ
ろうと。」
6. مِنَ الْ ِ جنَّةِ وَ النَّا ِ س
Islamic Center-Japan
1-16-11, Ohara, Setagaya-Ku
Tokyo 156-0041
Tel: 03-3460-6169
Fax: 03-3460-6105

  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: